▶ もうApple careに戻れなくなるモバイル保険 ◀
オンライン限定

ワイモバイルでHUAWEI P30 liteを予約すると最大10,000円分相当をPayPayで還元!

▶詳細はこちら◀

UQモバイル「おてがるスマホ01」を元販売員がレビュー!評判・スペックまとめ

recommend

ワイモバイルのかんたんスマホの発売に合わせ登場
UQモバイル、おてがるスマホのスペック、評判をレビュー

UQモバイル「おてがるスマホ01」の評判・スペックを元販売員がレビュー

元スマホ店員です。2019年2月6日、au系のサブキャリアであるUQmobile(UQモバイル)から、シニア向けスマホである「おてがるスマホ01」が販売されました。

UQmobile(UQモバイル)公式サイト:https://www.uqwimax.jp/

分かりやすい操作画面と安心の耐久性を備え、スマホデビューをするシニアにはうってつけの端末です。とはいえ、UQmobile(UQモバイル)がおてがるスマホ01を発売する前に、同じくサブキャリアであるY!mobile(ワイモバイル)からかんたんスマホ(705KC)が発売されていました。

Y!mobile(ワイモバイル)は料金プランも同じ価格帯で、いわゆるUQmobile(UQモバイル)のライバルとも言える存在です。果たしてY!mobile(ワイモバイル)のかんたんスマホと比べどのような違いがあるのか、気になる所です。

このページでは元スマホ店員の私が「UQmobile(UQモバイル) おてがるスマホ01」のスペックや使いやすさについてレビューしていきます。

結論から言うと、よっぽどの理由がない限りY!mobile(ワイモバイル)のほうがおすすめかな…

【PR】月額700円で3台同時保証できるモバイル保険!




新しくSIMフリースマホやキャリアのスマホを購入するなら、キャリアの保証サービスではなくモバイル保険を利用しましょう。

  • 月額700円で年間10万円分までの修理費を保証
  • ひとつの契約につき3台まで登録可能
  • スマホだけでなく、タブレットやパソコンも加入できる

といったメリット尽くしの保険でして、筆者もスマホだけでなくタブレットやパソコンも加入させています。

関連記事モバイル保険ってどうなの?元スマホ店員が突撃契約してみた!

3大キャリアのかんたんスマホに劣らない操作性

3大キャリアのかんたんスマホに劣らない操作性

まずは、一番に気になるであろう操作性について説明します。

結論からいうと、3大キャリアのかんたんスマホと比べても遜色のないわかりやすさです。

まず前提として大切な「文字表示の大きさ」ですが、最初から大きく見やすい文字、アイコンに設定されています。さらに初期設定の時点で「電話」「メール」「カメラ」「電話帳」といったシニアが頻繁に利用するツールも分かりやすい場所に表示されています。

また、メニュー画面の下には、1タップで電話やメールの連絡を行う事ができる「お気に入り登録」を行えるようになっています。

お気に入り登録のボタンが物理キーでなくタッチパネルになるので、最初は少し戸惑うかもしれませんが、スマホの操作に慣れていただければ問題なく利用できるでしょう。

大きな文字でわかりやすい説明書が付属

UQモバイル,はじめてのスマホ,説明書

おてがるスマホ01には、一冊分の冊子タイプの取扱説明書がついてきます。

説明書というと、読みにくいイメージがどうしてもつきまとってしまいます。しかし「おてがるスマホ01」の取扱説明書は、基本操作からアプリの楽しみ方まで大きな画面で分かりやすく紹介されています。

またUQmobile(UQモバイル)公式サイトには、オンライン版のかんたんガイドブックがあります。

 

UQモバイルおてがるスマホ01のかんたんガイドブック

※かんたんガイドブックから引用

 

PDFタイプにはなるのですが、公式サイトから事前にダウンロードしておいてもいいかもしれませんね。

UQmobile(UQモバイル)公式サイト:https://www.uqwimax.jp/



おてがるスマホ01専用のQ&Aサイト、電話サポートあり

Q&Aサイトについては、シニアにとって敷居が高いイメージがありますが、電話サポートがあるのはありがたいです。

シニアの方でしたら「説明書よりも電話で聞いた方がわかりやすい」という方も多くいらっしゃいます。

防水・防塵・耐衝撃性能

UQモバイル,はじめてのスマホ,防水,防塵,耐衝撃性能

おてがるスマホ01には、3大キャリアのハイスペックスマホと同レベルの防水・防塵・耐衝撃性能がそなわっています。

IPX5/IPX8の防水性能なので、日常生活で水につくくらいや雨に濡れる程度でしたら問題ありません。ただし水面下での動作保証はとれませんので、お風呂での利用は避けるようにしましょう。

バッテリーは最大で3日間持つ

バッテリーに関してはほかのスマホとくらべ少な目の2600mAhです。最近のスマホですと3000mAhは当たり前のように搭載しているます。

少し物足りなさを感じますが、シニアの方はそもそもインターネットもYouTubeも頻繁に利用しません。電話やメール、LINEのやりとり程度でしたら最大で3日間は持ちます。

バッテリー容量としては2600mAhもあれば充分でしょう。

ストラップホール付きで紛失しにくい

ストラップホール付きで紛失しにくい

最近のスマホではすっかり無くなってしまったストラップホールですが、おてがるスマホ01には搭載されています。ネックストラップを付けてスマホを首から下げる事もできますし、大きな鈴などを付けて、スマホがどこにあるかすぐわかるようにできます。

いずれも紛失防止になりますし、シニアの方だとガラケーにストラップを付けて利用している方も多くいます。ストラップも丸々入れ替えればある程度違和感なくおてがるスマホに移行できるでしょう。

充電端子はType-cなので注意が必要

充電端子はType-cなので注意が必要

また、充電の端子はmicro-USBではなくType-Cを利用しています。

急速充電が可能で端子の向き関係なく充電ができる一方、今まで利用していたmicro-USBが利用できなくなるというデメリットがあるので、注意しましょう。

さらにType-Cのケーブルやアダプタは別売りとなるので、別途購入が必要となります。

カラーはアイアンブルー・ルビーレッドの2色

UQモバイル,はじめてのスマホ,カラー,アイアンブルー,ルビーレッド

カラーはブルーとレッドの2色です。

アイアンブルーに関しては名称こそ青色ですが、実際は黒のイメージが強いカラーリングですね。レッドもどちらかというとピンクの色合いが強く感じます。

おてがるスマホ01のボディは樹脂製ですがそこまでチープな印象はありません。最近流行のガラスボディですと落下時に割れる危険性があるため、むしろ樹脂製のほうがいいでしょう。

おてがるスマホ01のスペック

スペックの詳細についてご紹介しますが、気になる点については先にピックアップしておきました。シニアの方ならそこまでスペックにこだわらないでしょうから、特に気にならない場合は読み飛ばしてOKです。

OSAndroid™ 8.0
チップセットSnapdragon™ 430 (MSM8937)
本体メモリ容量RAM 3GB/ ROM 32GB
ディスプレイ約5.0インチ/1920×1080
カメラメイン:1300万画素 サブ:500万画素
バッテリー2600mAh
おサイフケータイ・ワンセグ非搭載
防水・防塵・耐衝撃IPX5/IPX8の防水、IP5Xの防塵性能。耐衝撃は、MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IV準拠。

 

おてがるスマホ01の料金

おてがるスマホ01の料金は以下の通りです。

SプランMプランLプラン
ギガ数3GB9GB21GB
無料通話5分間の無料通話
本体代金864円(2年間)
月額料金2,138円(1年)3,218円(1年)5,378円(1年)
合計3,002円(1年)4,082円(1年)6,242円(1年)

※1年後は料金が+1000円になります。

インターネットを利用しない方ならSプランで問題ないでしょうから、月額3,000円程度でシニア向けのおてがるスマホ01を持つ事ができます。

3大キャリアでかんたんスマホを契約すると、月額5,000円程度は必ずかかるので、実質2,000円程度は安くする事ができるでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)から販売されている「かんたんスマホ」とどっちがおすすめ?比較してみた

ワイモバイル,かんたんスマホ,料金,比較

サブキャリアといえば、ソフトバンク回線を利用したワイモバイルからも「かんたんスマホ(705KC)」が販売されています。UQmobile(UQモバイル)とY!mobile(ワイモバイル)は料金プランがほぼ一緒のため、この2機種は真っ向から勝負する事になりそうです。

関連記事ワイモバイル「かんたんスマホ」シニア向け?割引は?元販売員がレビュー

Y!mobile(ワイモバイル)のかんたんスマホとの料金比較

UQモバイル「おてがるスマホ01」ワイモバイル「かんたんスマホ(705KC)」
ギガ数3GB3GB
無料通話5分カケホーダイ10分カケホーダイ(60歳以上は国内通話完全無料)
月額料金2,138円2,138円
端末料金864円1,022円
合計3,002円3,160円

UQmobile(UQモバイル)のほうが、100円程度だけ月額料金が安い計算になります。

一見UQmobile(UQモバイル)が優勢にも見えますが、結論をいうとワイモバイルのほうがおすすめです。

Y!mobile(ワイモバイル)には60歳以上の国内通話が完全に無料となる「シニア割引」がある

ワイモバイル,60歳以上通話無料

60歳以上の方がY!mobile(ワイモバイル)に加入した場合、どれだけ通話をしても通話料が0円の「スーパーだれとでも定額」に無料で加入する事ができます。

Y!mobile(ワイモバイル)回線同士の通話だけでなく、どこのキャリア相手でも定額が適用されます。シニアの方でしたら、通話をメインに利用される人も多くいらっしゃいますので、非常に重宝するのではないでしょうか。

また、残念ながらUQmobile(UQモバイル)ですと、このようなオプションはありません。

通話システムも「5分カケホーダイ」のみのため、通話をメインに利用されるならワイモバイルのほうがおすすめです。

現時点ではY!mobile(ワイモバイル)が優勢か

さらにY!mobile(ワイモバイル)の標準の無料通話が「10分カケホーダイ」です。

UQmobile(UQモバイル)の「5分カケホーダイ」と比べ倍以上あります。シニアの方でしたら電話番号を利用した通話はまだまだ行います。

また、Y!mobile(ワイモバイル)のかんたんスマホには「かんたんスマホ専用のコールセンター」があります。

スマホのホーム画面から1タップで電話をすぐできるため、スマホに慣れないシニア世代でも簡単に問題を解決する事ができます。ただしUQmobile(UQモバイル)のコールセンターは「おてがるスマホ専用」というわけではありません。

決して気軽に電話できるという環境ではなく、カスタマーサポートの面でもY!mobile(ワイモバイル)のほうが優勢な印象です。

Y!mobile(ワイモバイル)公式サイト:https://www.ymobile.jp/

家族割が適用されるならおてがるスマホ01もおすすめ

もちろん例外として、UQmobile(UQモバイル)のおてがるスマホ01がおすすめなケースもあります。

それは「おてがるスマホ01を契約する方の家族が、既にUQmobile(UQモバイル)を利用している」場合です。

家族で2台以上UQmobile(UQモバイル)を契約していれば家族割が適用され、月額料金が500円安くなります。家族割を適用した場合、価格面に関してはUQmobile(UQモバイル)のほうが大きく安くなります。



UQモバイル「おてがるスマホ01」レビューまとめ

今回、Y!mobile(ワイモバイル)のかんたんスマホとしっかりと比較させていただきましたが、どうしてもY!mobile(ワイモバイル)のほうが優勢な印象でした。

月額料金が100円程度高いとはいえ、Y!mobile(ワイモバイル)の「10分カケホーダイ」「60歳以上国内通話無料」は大きすぎる恩恵です。そもそものサービス内容が、Y!mobile(ワイモバイル)のほうがシニア向けの構成になっています。

いずれにしろ、UQmobile(UQモバイル)はサブキャリアですので、3大キャリアと比べると非常に安くスマホを持つ事ができます。

例えば「自分がUQmobile(UQモバイル)を利用していて、親の端末も同じくUQmobile(UQモバイル)で管理したい」という方や「月額料金が500円安くなる家族割を適用させるために、親にもUQmobile(UQモバイル)を持ってほしい」という方でしたら、Y!mobile(ワイモバイル)ではなくUQmobile(UQモバイル)のおてがるスマホ01のほうがおすすめできます。

契約はUQmobile(UQモバイル)公式サイトがおすすめ

UQmobile(UQモバイル)でスマホを契約するなら、公式サイトからWebで契約するのが断然おすすめです。

UQmobile(UQモバイル)公式サイト:https://www.uqwimax.jp/

公式サイトなら

  • 待ち時間がなく、24時間365日契約を受付
  • 店員に余計なオプションをつけられない

というメリットがあります。

余計なオプションというと、例えばウイルス除去サービスとかですね。最新のAndoroid OSは優秀なのでそんなの必要ありません。

とくに余計なオプションを付けられると最安値で利用できませんので、契約するなら公式サイトを利用しましょう。

 

 

格安SIMの乗り換え手順は難しい

【格安SIMの乗り換え手順】6ステップでOK!3分でわかる!元スマホ店員の私が超かみくだき解説
【3分でわかる】【元スマホ店員が解説】格安SIMは価格が安いですが、乗り換えを自分で行わなければいけません。このページでは、元スマホ店員の私が格安SIMへの乗り換え手順を超シンプルに解説します。

いざ「格安SIMに乗り換えたい!」と思っても手順がわからなくて挫折してませんか?

確かに1から10まですべてやろうとすると、乗り換えは難しいです。

ただし「必要最低限の手順で乗り換える」のであれば、そこまで難しくありません。

必要最低限とは「LINEアカウントの移行」「電話帳の移行」「電話番号の移行」この3つの事です。

おそらく多くの方が、この3つさえ以降出来れば問題ないのではないでしょうか。

このページでは、元スマホ店員の私が格安SIMの乗り換えに最低限必要な事を6ステップに分けて解説しています。

関連記事

UQmobile(UQモバイル)について詳しく知る

Y!mobile(ワイモバイル)について詳しく知る

Y!mobile(ワイモバイル)かんたんスマホ 705KC 評判・口コミ・レビュー・まとめ

 

Summary
Review Date
Reviewed Item
UQモバイル「はじめてのスマホ01」
Author Rating
31star1star1stargraygray