▶ もうApple careに戻れなくなるモバイル保険 ◀
オンライン限定

ワイモバイルでHUAWEI P30 liteを予約すると最大10,000円分相当をPayPayで還元!

▶詳細はこちら◀

2018年、過小評価だったSIMフリースマートフォン6選。HUAWEI・Pixel・OPPOの陰に隠れた名機達

recommend

Google Pixel 3とSamsung Galaxy Note 9からHuawei Mate 20 ProとOnePlus 6Tまで、2018年には数多くの素晴らしいスマートフォンが見られました。これらのスマートフォンは、iphoneに迫る評価を得ています。

そのかわり、評価が低かったスマートフォンが多くあった事も事実です。

2018年に発売された、過小評価されたと言わざる負えないスマートフォンを6つご紹介していきます。

【2018年版】過小評価だったスマートフォン6選

BlackBerry Key2

BlackBerry Key2は、OSがAndroidに切り替えられて以来、最高のBlackBerry端末になったと言えます。

また、ガジェットマニアの間では依然として物理的なキーパッドが好まれています。 Key2のキーボードには、各キーにアプリを割り当てる機能や、スペースバーに埋め込まれた一意の指紋スキャナなど、いくつかの素敵なトリックもあります。

まるで自宅のスマートキーを操作しているように感じるはずです。

通知やメッセージのためにBlackBerry Hub、肩を覗かれないようにプライバシーシェード、DTEKセキュリティスイートなど、BlackBerryの盛り上がりが感じられます。

価格は650ドル(約73,618円)です。ミッドレンジのSnapdragon 660チップセットを搭載しており、スペックのわりに価格設定が高い印象です。

また、6GBのRAM、64GBまたは128GBのストレージ、2つの12MPレンズ(1つの標準および1つの望遠)、8MPのセルフ・スニッパー、および3,500mAhのバッテリーを備えたリア・デュアル・カメラがあります。

LG G7 ThinQ

LG社のフラッグシップスマートフォンである「LG G7 ThinQ」は、ハイエンドのLGスマホの理想的な機能のほとんどを提供しました。

その主な機能とは、広視野の16MPセカンダリカメラ(わずかに狭い視野ではあるが)、クワッドDACオーディオハードウェア、3.5mmヘッドホンジャックの事です。

同社には、耐水性、ワイヤレス充電、Google Assistantボタン、興味深いBoomBoxスピーカーなどの特典も含まれていました。

BoomBoxスピーカーとは、携帯電話内のスペースを使用して大きな音を作り、硬い表面に置くことによって音を増幅することさえできます。

その他の注目すべき仕様には、明るい6.1インチLCDディスプレイ(3,120 x 1,440)、4GBまたは6GBのRAM、64GBまたは128GBの拡張可能ストレージ、16MPのメインカメラ、8MPのセルフスニッファなどがあります。

「LG G7 ThinQ」は600ドル(約67,960円)以下で入手可能です。

 

Motorola One Power

HuaweiとXiaomiといったブランドによって一見隠されていまたMotoシリーズ。

Motorola One Powerのような個性的なスマートフォンが数多く提供されています。

注目すべきスペックは5,000mAhのバッテリーです。これは2日間の耐久性があることを意味します。

また、Motorola One Powerは16MPと5MPのリアカメラペア、LEDフラッシュ付き12MPセルフスニッパー、USBタイプ-C接続、ヘッドホンジャックを提供しています。 Snapdragon 636チップセット、3GBまたは6GBのRAM、32GBまたは64GBの拡張可能なストレージ、6.2インチのノッチ付きフルHD +ディスプレイを搭載しており、価格は約226ドル(25,597円)とコストパフォーマンスに優れています。

また、Android Oneを搭載しているため、2年間の機能アップデートと3年間のセキュリティアップデートが保証されています。

 

Motorola Moto Z3

モトローラのVerizonのみのフラッグシップは、基本的なデザインと2017年のSnapdragon 835チップセットで、Moto Z2.1のようにいくつかの点でより似ていました。

しかし、それは間違いなく、500ドルの値札のおかげで、より過小評価されたスマートフォンの1つです。

Moto Z3はまた、2016年に設立されたMoto Modの伝統を継承し、さまざまなアドオンをデバイスの背面に叩くことができます。

したがって、より優れたカメラ、大きなスピーカー、ゲームパッド、またはプロジェクタが必要な場合、Motorolaはあなたの背中を持っています。

また、Moto Modシステムでは、5G対応の携帯電話を初めて発売すると主張することもできます。同社は、Moto Z3が2019年に別のMoto Modアクセサリーのおかげで5Gを獲得することを確認しました。

モトローラの携帯電話は、4GBまたは6GBのRAM、64GBまたは128GBの拡張可能なストレージ、デュアル12MPリアカメラセットアップ(標準および1つのモノクロ)、8MPセルフスニッパ、および3,000mAhバッテリを搭載しています。

 

Sony Xperia XZ2 Compact

ソニーのXperiaシリーズは、ブランドの中でも特に過小評価され続けてきたスマートフォンだと言えます。

同社は、カメラの品質にしばしば矛盾があっても、しばらくの間、静かに洗練された旗艦を作り続けてきました。

小型のハイエンドスマホを探しているならば、Xperia XZ2 Compactは非常におすすめです。

Xperia XZ2 Compactは、カメラ体験にとどまらず、単一の19MP f / 2.0シューティングゲームを提供します。このカメラは、適切な960fpsのスローモーション(720pまたは1080p)、予測キャプチャ、および4K HDRビデオ録画を提供します。 Selfiesは、沼地の標準的な5MP正面向きのスナッパーで処理されます。

ソニーは一般にマルチメディアに焦点を当てていますが、これはXperia XZ2 Compactでも同様です。

これは、SDRからHDRへの変換、フロントフェイススピーカー、高解像度オーディオサポート、およびBluetoothヘッドセットのLDACサポートを備えています。

他にもSnapdragon 845チップセット、4GBのRAM、64GBの拡張可能なストレージ、2,870mAhのバッテリー、耐水性、後部指紋スキャナーなどの特筆すべき仕様があります。

Xperia XZ2 Compactは現在約500ドル(\56,185円)で購入する事ができます。

Sony Xperia XZ3

続いてはXperia XZ3です。

Xperia XZ3は、XZ2シリーズの問題点を大きく解消したモデルと言えるでしょう。

XZ2 Compactの5インチフルHD + LCDスクリーンは、6インチ1,440p OLEDスクリーンに置き換えられました。

小さな携帯電話の5MPセルフ・スニッパーも交換されています、XZ3は、代わりに13MPの正面カメラを搭載しています。

ソニーはまた、コンパクトの2,870mAhパックからバッテリーのサイズを3,300mAhに上げました。

最も奇妙なことに、ダイナミックな振動システムがあります。

これは、本質的にビデオクリップやムービーのフィードバックになります。それは新しいものではない – 最初に標準のXperia XZ2で見られる – それはまだコンパクトモデルから欠けているもう一つの特徴だ。

残りの電話機はXZ2コンパクトとほぼ同じですので、Snapdragon 845チップセット、4GBのRAM、960fpsのスローモーション、耐水性、USBタイプC、およびヘッドフォンなしの19MP f / 2.0メインカメラを意味します。

 

 

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray