>>【2019年1月最新版】格安SIMキャンペーンまとめ!

元スマホ店員による
格安SIM・WiFi比較サイト

>>格安SIMランキング

【SoftbankAir】ネットに出回らない悪評・デメリット5選|元WiFi店員の辛口レビュー

recommend

「 SoftbankAir 多額のキャッシュバックは魅力だし、店員さんにも激押しされたから悩んでる。実際の評判やデメリットは?」

結論から申し上げると、絶対にやめておいた方がいいです。

多額のキャッシュバック・店員のゴリ押しにつられて契約してしまいがちな SoftbankAir 。

家電量販店の店員も数字を追っているので SoftbankAir のデメリットはなかなか伝えにくいものです。

このページでは、元WiFi店員の私が SoftbankAir のデメリット・悪評を5つご紹介していきます。

 




デメリットだらけの SoftbankAir とは?

すでにご存じかと思いますが SoftbankAir とはソフトバンク社が提供する工事不要の固定回線の事です。

中身や通信速度はポケットWiFiと変わりません。

ポケットWiFiと違い据え置き型なので「最高速度は」ポケットWiFiよりも高速な点を売りにしています。

 

「光回線引く方が100倍マシ」

本当にその通りだと思います。

 

鉄筋4階以上のマンション・アパートでは通信できない

SiftbankAir は高階層では総じて電波が弱いのが特徴です。

ソフトバンク公式サイトのFAQには以下のように書いてあります。

 

SoftBank Airの利用階層について教えてください

SoftBank Airの提供をお断りする場合

・11F 以上の高層階

・周辺高層ビル地域内

・建物密集地域内の低層階

出典:https://www.softbank.jp/support/faq/view/19997

11F以上と書いてありますが、実際は4階以上の鉄筋住宅では繋がりません。

鉄筋素材は電波を通しにくいので、場所によっては2~3階でも繋がりずらいという声も多くあります。

木造住宅であればなんとかつながるかな…

というレベルです。

 

 

自宅以外の場所で利用すると警告が来る

ホームルーターはコンセントさえあればどこでも利用する事が可能です。

USBからも充電する事が可能ですので、UQWiMAXのホームルーターを車載して利用する方も多くいます。

ただし SoftbankAir ではそれができません。

利用規約で登録した住所以外でのインターネット通信自体を禁止しているのです。

登録住所以外でのインターネット通信を確認した場合、メールやハガキでの警告が届きます。

また、それを無視して使い続けると最悪利用停止になる恐れもあります。

 

 

夜間は速度制限がデフォルト

SoftBankAir は、夜は毎日速度制限がかかります。

環境にもよりますがは200kbps ~ 500kbps程度のスピードになります。

ちょうどスマホの通信制限と同じくらいのスピードです。

 

ソフトバンク公式サイトの「速度制限について」のページでは以下のように書かれています。

 

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

出典:https://www.softbank.jp/ybb/air/data-about/

お昼は通信速度が速いようですが…据え置き型なので夜間の利用がメインになると思います。

夜はほぼ使えないと思っていいでしょう。

 

 

月額料金が異常に高い

 月額3,696円!

と大々的に謳われている SiftbankAir ですが、あれは利用から3ヶ月間だけです。

3ヶ月後は月額4380円となります。

しかもこれは最低価格です。

端末補償サービスなどに入ると、4,380円からさらに+500円くらいとられます。

 

 

なぜかヤフーのメールアドレスを作らされる

また、家電量販店で契約すると「スタンダートプラン」「プレミアムプラン」というY!BBの有料オプションサービスに強制加入させられる可能性があります。

「ヤフーのメールアドレスが利用できる」というだけのオプションですし加入は任意です。

しかし、いかにも「強制加入です」という雰囲気で契約させられます。

実際に入っている方も多くいる事でしょう。

このオプションサービスも有料ですので、加入すれば月額料金は5,000円以上になります。

 



最低利用期間は契約から4年間。2年目や3年目で解約すると違約金が発生する

SoftbankAir の最大の落とし穴がここです。

SoftbankAir は以下の契約更新月が設定されます。

・インターネット通信 2年プラン

・Air本体の割賦 3年割賦

契約して2年後。

インターネット通信の契約更新月に解約しようとしても、Air本体の割賦があと1 年分残っています。

ですので、Air本体代(19220円)が一括請求されるのです。

「それでは解約できない」と解約を持ち越し、契約から3年。

Air本体の割賦は終わっていますが、インターネット通信の契約は2年毎の自動更新です。

3年目に解約しようとすると、今度はインターネット通信のほうで違約金(9500円)がかかります。

つまり、解約金0円で契約解除できるのは「4年後のインターネット通信の契約更新月」となるのです。

 

 

悪評・デメリットだらけの SoftbankAir 他におすすめのWiFiはある?

今回は私が現役時代に学んだ SoftbankAir のデメリットをツラツラと書き連ねましたが、いかがでしたか?

WiMAX回線よりも通信速度が速いソフトバンク4G回線ですが、会社側が利用制限をかけているため、その通信速度を体現できる機会はほぼないと思っていいでしょう。

4年間は最低でも利用しなければなりませんし、ホームルーター型とはいえ自宅以外で利用できない点も大きなデメリットです。

 

同じソフトバンク4G回線を利用したWiFiなら、無制限プランを月額3,680円で利用できる「SAKURAWiFi」のほうが断然おすすめですね。

SAKURAWiFi は

  • データ無制限プランが月額3,680円(値上げなし)
  • 解約はいつでもOK
  • 縛り期間なし

という無敵のスペックを誇っています。

ソフトバンク回線を利用してるとはいえ、夜に通信制限はかかったりしません。

ポケットWiFiの本体はレンタルですので、解約の時は返却が必要ですが、いつでも解約OK!違約金0円という非常にユーザーライクなサービスです。

 

SAKURAWiFi 公式サイト

 

SoftbankAir デメリット・悪評まとめ

今回は SoftbankAir の悪評・デメリットにフォーカスしましたが、他にも酷いインターネット通信会社は存在します。

 

 

どうかキャッシュバック等の美味しい話に騙されず、本当にお得なWiFi・WiMAXを選んで快適なインターネットライフをお過ごし下さい。

 

Summary
Review Date
Reviewed Item
SoftbankAir 1件のレビュー
Author Rating
11stargraygraygraygray