>>【2019年1月最新版】格安SIMキャンペーンまとめ!

元スマホ店員による
格安SIM・WiFi比較サイト

>>格安SIMランキング

【2018】スマホを3万円以下から厳選比較・おすすめランキング!

recommend

今回は、三万円以下のおすすめ格安スマホをご紹介していきます。

以前も価格別に格安スマホをご紹介しているので、よかったら見て行って下さい!

■関連記事
1万円以下の格安スマホおすすめランキング!
2万円以下の格安スマホおすすめランキング!

1位:モトローラ Moto G5S

OS Android 7.1.1
CPU Qualcomm Snapdragon 430 (MSM8937)
ディスプレイ 5.2インチ FHD
RAM 3GB/4GB
ROM 32GB
カメラ 1600万画素
バッテリー 3,000mAh

✔Lenovo社が提供する優秀な格安スマホ

いきなりマイナーなモデルを紹介するのですが、レノボから販売しているモトローラは比較的にコスパのいいスマホが多いです。

また、この価格帯では珍しくDSDSを搭載しているというから驚き。

G5Sもそうで、価格は3万円以下。RAMが3GB~4GBを選択でき、CPUもスナドラ400番台なので速度も十分です。

ちょっと見た目がカメムシみたいですが、3万円以下なら真っ先におすすめできる格安スマホです!

 

おすすめポイント!

・スナドラ400番台を搭載。DSDS対応

・RAMは3GB~4GBを選択選択でき、どちらも3万以下

 

モトローラ Moto G5Sを購入

2位:Huawei 5.2型 P10 lite

OS Android 7.0
CPU Huawei Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4×1.7GHz)
ディスプレイ約 5.2inch FHD
RAM 3GB
ROM 32GB
カメラ インカメラ:1200万画素 インカメラ:800万画素
バッテリー 3000mAh

✔揺るぎない人気を誇る格安スマホ

もう何度、このブログでHUAWEI P10 liteを紹介してるんでしょう・・・

3万円以下のスマホを紹介するなら、HUAWEI P10 liteははずせないスマホです。

2017年の登場から揺るぎない人気を誇っている格安スマホであるHUAWEI P10 lite。RAMは3GB。美しい液晶。使いやすいUI。

正直、大手キャリアで5万以上するAndoroidスマホを購入するなら、HUAWEI P10 liteを購入したほうが絶対にいいです。

同じスペックですが価格はこっちのほうが安いですから。

 

おすすめポイント!

・両面2.5D曲面ガラス デザイン

・日本で三番目に売れている※1位iphone。2位ギャラクシー

 

Huawei 5.2型 P10 liteを購入

 

3位:Huawei nova lite2

OS Android 8.0
CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコア (2.36GHz+1.7GHz)
ディスプレイ 約5.65インチ
RAM 3GB
ROM 32GB
カメラout:約1,300万画素+約200万画素

in:約800万画素

バッテリー 3,000mAh

✔HUAWEI社期待の新作スマホ。カメラ性能などアップグレード

HUAWEIの新作。nova lite2も絶対にチェックしておくべき格安スマホでしょう。

Android8.0、デュアルカメラを搭載しています。

なにより美しいのはデザインですね。今流行りの縦長デザインで、横はほとんどベゼルレス。HUAWEI独特の美しさをしっかり反映しています。

 

おすすめポイント!

・Android8.0、デュアルカメラを搭載

・美しい縦長デザイン

 

HUAWEI nova lite2を購入

【PR】3万円以下のスマホに最適なデータSIM

3万円以下のスマホを利用するにあたって、必要になるのがデータSIM。Wifiで接続するのもありですが、データSIMを契約すれば月額1,000円程度で、どこでもネット通信ができます。

しかも、解約金は0円なので、外で利用しないなら途中で解約しちゃっても大丈夫です。

今回は「どのデータSIMを契約すればいいかわからない」という方のために、データSIM比較おすすめランキングを作りました!サブ端末などでスマホをもつなら、データSIMの契約はマストですよ。

元スマホ販売員がおすすめの『格安SIM』を比較・評価ランキング!
「通信費の節約の為に格安SIMを使いたい!でもどれを選べばいいかわからない…」そんな方の為に、元スマホ販売員の私が格安SIMの料金や通信速度を徹底比較しランキングでご紹介していきます。非常にわかりやすいので、格安SIM初心者の方も安心して下さい!

4位:Zenfone4 Max

OS Android 7.1.1
CPU Qualcomm Snapdragon 430
ディスプレイ 5.2 型IPS HD
RAM 3GB
ROM 32GB
カメラout:1300万画素 + 500万画素

in:800万画素

バッテリー 4,100mAh

✔ASUS社のミッドシップモデル。デュアルレンズ搭載

ASUSのZenfone4 Maxも3万円以下でおすすめの格安スマホのひとつです。

デュアルカメラも搭載しているし、バッテリーが4,100mAhと長寿命。

モトローラよりも性能がいいように見えますが、モトローラはRAM4GBのモデルも選べるのがミソです。

僕はASUS好きなので、選ぶならこっちですねぇ。

おすすめポイント!

・デュアルカメラ搭載
・バッテリーが4,100mAhと長寿命。

 

ASUS ZenFone4 MAXを購入

5位:Ulefone Power2

OS Android 7.0
CPU Mediatek MT6750T オクタコアCPU(最大1.5GHz)
ディスプレイ 5.5インチ
RAM 4GB
ROM64GB
カメラout:13.0MP
in:8.0MP
バッテリー 6050mAh

✔期待の新鋭、Ulefone社のミッドスペックスマホ

最後に、ちょっと変わり種ではありますが、Ulefoneを紹介させて下さい。

Ulefone中国製であまり耳にしないブランドかもしれませんが、非常にコスパがいいですよ。

僕はUlefoneが好きで、個別に記事も書いています。

このモデルは今回紹介した格安スマホと同価格帯でありながら、RAM4GB/ROM64GB。バッテリーが6050mAhと鬼のスコアを叩き出しています。

 

元のスペックが一番高いし、実際に不具合とかもないので一番におすすめしたいモデルなのですが、回線がdocomo系のMVNOしか対応していないのが難点。

mineoとかOCNであれば問題なく使えるので、利用したい方はそちらのSIMを利用してください。

おすすめポイント!

・同価格帯でもスペックが最強

・docomo系の格安SIMにしか対応していないので注意が必要

 

Ulefone Power2を購入

まとめ:3万以下であればミドルスペックの格安スマホを選ぶことができる。


今回は3万円以下で購入できるおすすめ格安スマホをご紹介しましたが、いかがでしたか?

1万~2万以下のモデルと比べてだいぶ幅も広がり、ミドルスペック機と呼べるスマホが選べる価格帯です。

また、2万以下のラインと違い、auやsoftbankの回線も利用できるのがありがたいですね。

ぜひ、購入の参考にしてみて下さい!

■人気記事

元スマホ販売員がおすすめの『格安SIM』を比較・評価ランキング!
「通信費の節約の為に格安SIMを使いたい!でもどれを選べばいいかわからない…」そんな方の為に、元スマホ販売員の私が格安SIMの料金や通信速度を徹底比較しランキングでご紹介していきます。非常にわかりやすいので、格安SIM初心者の方も安心して下さい!
【2019年版】一万円以下!コスパ最強の格安スマホランキング!
【読了3分】コスパ最強の『一万円以下の格安スマホ』をランキング形式で紹介していきます 。今回ご紹介する商品は、すべてアマゾンで購入できますよん!一万円以下の格安スマホの場合、3G回線のものもあるのでご注意ください。
【最新版】一万円台の人気格安スマホを比較・おすすめランキング!
格安スマホの中でも1万円~2万円で購入できるモデルをランキング形式でご紹介していきます