▶ もうApple careに戻れなくなるモバイル保険 ◀

HUAWEIスマホ「ナックルジェスチャー」が静かに終了している件

recommend

元スマホ店員です。

格安SIM業界の中でも人気No1といっても過言ではないHUAWEI。

私もHUAWEI P10 liteを利用していましたが、本当にいいスマホでした。

  • 爆速の指紋認証
  • 美しい背面と液晶

当時、iphone6から乗り換えたのですが「3万でこれ!?」と驚愕した事を今でも覚えています。

 

昔話はここまでにして、

数年前に革命の如く登場したHUAWEI社のスマホ達。

彼らにはHUAWEI社の独自機能である「ナックルジェスチャー」という機能を搭載しています。

私は購入して半年後くらいに、ナックルジェスチャーの存在に気付きました。

 

「ナックルジェスチャー?はて?」となりながらも設定し利用してみたところ、アイディアはユニークで面白いですが、これがなかなかキワモノな機能。

今回はHUAWEIに搭載されているナックルジェスチャーについてご紹介したいと思います。

 



HUAWEI社のスマホに搭載されている機能「ナックルジェスチャー」とは

ファーウェイが独自開発したナックルセンステクノロジー。

指関節で画面をノックしたり文字や輪郭を描くことで機能を呼び出すショートカットにより、スクリーンショットやスクリーンレコードを撮ったり共有することができる。

引用:https://consumer.huawei.com/jp/

 

スマホは通常ですと指で利用します。

ですが指の関節で操作をすることで機能を呼びおこすショートカットの機能を呼び起こしてくれるのがナックルジェスチャーです。

ナックルジェスチャーの設定方法・具体的にできること

ナックルジェスチャーの設定は、以下の手順で行えます。

設定➡スマートアシスト➡モーションコントロール

 

普段スマートフォン利用してても、まったく気づかない場所にナックルジェスチャーの機能は隠れています。

スマートスクリーンショット

指関節でしっかりと二回たたく事で、スクリーンショットを撮影できる便利機能。

ホームボタンがないandoroid端末だとスクリーンショットが面倒だったりするのですが、これは便利ですね。

筆者はスクショを撮影するときはスマートスクリーンショットを利用しています。

また、指関節で指定した領域を丸の形に囲む事で、その囲んだ部分のみのスクリーンショットを撮影することもできます。

描画(文字を設定してアプリを開く)

指の関節で画面上に文字を描画すれば、指定のアプリを起動することができます!

指定できるアルファベットは「C」「E」「M」「W」等。

例えば、画面上に指関節で「C」と書くとカメラ機能が起動します。

凄そうな機能にも聞こえますがこれは正直、使い物にならない。。。

例えば、必死で指で「C」と書いても、ナックルジェスチャーが反応してくれません。

下手に書いてしまうと「指関節で丸を書いた」と認識されてしまい、先ほど紹介したスマートスクリ―ンショットが発動します。

画面分割ジェスチャー

指関節で線を描くと画面が分割される機能。

うーん・・・タブレットならありな機能ですねw

そもそも5インチのスマホを分割する次点で利便性に欠けてしまうんですよね。

こちらの認識性もご愛敬です。

指関節で線を描いたとしても「指でやった」と勘違いされてしまい、スワイプで認識される事もしばしば。

そして画面分割に対応していないアプリだと認識されません。

ナックルジェスチャーに対応しているHUAWEI社のスマートフォン

僕が愛用していたHUAWEI p10 liteにはナックルジェスチャーが搭載されています。

どうやらHUAWEI社のスマートフォンの全てに搭載されているわけではないようです。

というか、HUAWEIの最新機種にはナックルジェスチャーが搭載されていません!

公式ページのスペックをみても「ナックルジェスチャー」の文字がないんですよね…

 

 

 

まあ、かなりの際物な機能だったので、しょうがないかもしれませんね。

ナックルジェスチャーを楽しみたいなら、少し古いHUAWEI P10 lite やHUAWEI nova2 を購入する必要があります。

 

Summary
Review Date
Author Rating
21star1stargraygraygray
Android
recommend
最後までお読みいただきありがとうございました。よければSNSシェアをお願いします
フォローして更新通知を受け取る
my gadget|ガジェットニュースメディア