▶ もうApple careに戻れなくなるモバイル保険 ◀

モバイル保険ってどうなの?元スマホ店員が突撃契約してみた【評判・口コミ・比較・登録・解約の仕方・まとめ】

モバイル保険ってどうなの?元スマホ店員が突撃契約してみた【評判・口コミ・比較・登録・解約の仕方・まとめ】

  • 月額700円ポッキリ!
  • ひとつの契約につき3台まで登録可能(タブレットやPCもOK)
  • 年間10万円分まで無償で修理!

 

 

 

モバイル保険ってどうなの?評判・口コミ・比較・登録・解約の仕方・まとめ

元販売員でありスマホマニアである筆者は、スマホを複数台所有しています。メインで利用している端末が2台、あとは使っていない端末が2台あります。

ただ、どの機種も中古だったりSIMフリー化されてたりするので、特に保険などには加入していませんでした。

「そろそろ保険にかけないとなー」と考えていたため、何かと話題になっているモバイル保険についても、小耳には挟んでいました。

公式サイト:https://mobile-hoken.com/

ただ、他にもいい保険がある可能性があるので色々調べてみました。

実際に比較してわかったのですが、モバイル保険はSIMフリースマホをお持ちの方は勿論、Apple care+に加入している方やキャリアの保険に加入している方にも是非乗り換えて欲しい内容です。

このページでは、元スマホ店員の私が実際にモバイル保険を契約してみてどうだったか。よく「わかりにくい」と評判の契約から解約方法まで解説して行きます。

\公式サイトはこちら/

\盗難にも対応/

モバイル保険とは?

モバイル保険ってどうなの?元スマホ店員が突撃契約してみた【評判・口コミ・比較・登録・解約の仕方・まとめ】

モバイル保険とは、読んで字のごとくモバイル端末の破損や水没時の修理費用を補償してくれるサービスです。

わかりやすいもので例えると、iphoneユーザーならお馴染みのApple careと同じようなサービスですね。特にiphoneはトラブルが多い端末でして、1年で30%のiphoneがトラブルに見舞われています。

iphoneを所有している方なら合わせてApple careにも加入している方も多いのではないでしょうか。

モバイル保険について、具体的には公式動画でも解説されています。

モバイル保険 サービス説明動画 (FIXMASTER)

月額料金は毎月700円

毎月700円で保険に加入できる!年間8400円!…とは言うものの、私は保険に関して知識がありませんので、それが安いのかどうかさえわかりませんw

実際に他のキャリアが提供している保証サービスと比較してみましょう。

各種キャリアの保険と料金比較

モバイル保険Apple care+docomoauSoftbank
月額料金700円950円500円630円650円
金額年間10万円まで無償画面故障:3,400円

その他:11,800円

故障個所によって金額が変動3,000円~5,000円破損:1500円

水没:5000円

契約台数3台1台 1台 1台 1台

実際に他のキャリアが提供する保証サービスと比較してみました。キャリアが提供する保証よりは少し高いですが、Apple care+よりは安いといった形です。

ただし他の保証サービスに関しては、故障時にもさらに支払いが発生します。モバイル保険では年間10万円まででしたら発生しませんので、その分お得と言えるでしょう。

モバイル保険が適用できる端末の条件

そこまで厳しい条件ではありませんが購入から1年以内のモバイル機器であれば基本的に登録可能です。海外製の技適認証が通ってないスマートフォンは登録できないので注意しましょう。

また、国内メーカー限定ですが中古品でもモバイル保険に加入する事ができます。

中古品でも国内メーカーの製品で、端末取得日から3ヶ月以上の販売店による保証がついている端末であれば対象となります。

なおオークションで取得したものや、友人・知人から譲渡されたものは対象外となります。

破損・損壊・水濡れ全損・故障・盗難に対応

モバイル保険はどんなトラブルであれ対応しています。キャリアの保証サービスだと「水没ならちょっと高くつきますよ…」的な複雑な内容になっていますが、モバイル保険は掛かった分だけ保証するスタイルなので、むしろ分かりやすいのではないでしょうか。

Wifi接続に対応している機器なら加入できる

モバイル保険という名前から「加入できるのはスマホだけ」と思いがちですが、スマホ以外の端末でも加入する事ができます

「WiFi接続に対応している機器」であればモバイル保険に加入する事が可能でして、タブレットやパソコンは勿論、スマートウォッチなんかにも保険を適用する事が可能です。

加入できるモバイル機器の一例
スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、スマートウォッチ、ワイヤレスヘッドフォン、ゲーム機、WiFIルーターetc

ただし、ドローンやラジコンのように遠隔で操縦者がいるモバイル機器は加入ができませんので注意しましょう。

ひとつの契約につき最大3台まで登録可能

モバイル保険は一台ごとの契約ではなく、月額700円で最大3台の端末まで登録する事が可能です。

Wifi接続ができる端末であれば加入する事ができますので、スマホだけではなく自分の身の回りのタブレット、パソコンも一括で保険適用できるのは管理も楽になります。

家族名義の端末も加入する事ができる

モバイル保険の大きな魅力として「家族名義の端末も登録する事ができる」というのがあります。

自分のパソコンやタブレット端末を持ってない方も多くいらっしゃいますので、1台しか加入できる端末がない場合は家族の端末を加入させちゃいましょう。

例えば2人でApple careに加入していれば年間22,800円の保険料となりますが、2人でモバイル保険に加入すれば年間8,400円まで保険料を抑える事が可能です。

夫婦でiphoneをご利用の場合、保険をApple care+からモバイル保険に変えるだけで、年間14,400円もお得になりますよ。

年間の最大保証金額は10万円

まあ、金額として安くはないですがどうなんでしょうかw

「年間10万円まで補償」と言われても、具体的に修理でどれくらいの金額が発生するのかわからないものです。筆者も保険に関してはそこまで知識は豊富でなかったので、画面の破損や水没などにあった時に必要となる修理金額を調査してみました。

iphoneAndroid
画面割れ37,400 円20,000円前後
その他損傷67,800 円10,000円前後

Androidなんかは機種によりますのであくまで概算でしか調べる事ができませんでした。

ただし、一度の修理でまず10万円を超えることはないと考えていいでしょう。

最大金額までは何度でも補償できる

キャリアの保証サービスでしたら故障が発生した都度で料金が発生します。ただしモバイル保険は10万円以内だったら何度でも修理が可能です。

複数台端末を登録する事ができるので、2台同時修理なんて事もできちゃいます。

実際に修理が発生した場合、保険はどう適用されるの?

保険の適用のされ方は2種類あります。

ひとつ目が「一時的に自分で費用を負担して、後日モバイル保険に請求して金額を補填してもらう方法」と「リペアパートナー店舗で無償で修理してもらう方法」です。

順番に解説していきます。

一時的に自分で費用を負担する

スマホ修理店に持っていき、一時的に自分で費用を負担し、後ほどモバイル保険から修理費が補填される方法です。

補填される為には、以下の情報をモバイル保険に送る必要があります。

  1. 故障状態を写した写真(撮影が困難な場合やすでに修理済みの場合は故障状況を詳しく記載頂きます)
  2. 修理報告書または見積書
  3. 領収書またはレシート

少々面倒ですが、上記の書類に関してはしっかり保管しておくようにしましょう。

また、利用機種がiphoneで、症状が画面割れの場合はリペアパートナー店で修理してもらう事をおすすめします。

リペアパートナー店舗で無償で修理してもらう

リペアパートナー店とは、モバイル保険と提携を結んでいるパートナー店舗です。リペアパートナー店に持ち込めば、修理費をその場支払わずキャッシュレスで修理する事が可能なので非常に便利です。

現時点ではiphoneの画面割れにしか対応していない状況ですが、順次Androidも適用できるようになるでしょう。

モバイル保険 リペアパートナー店

北海道iCracked Store 札幌ポールタウン店
宮城県COVER GARAGE都城
群馬県iCracked Store ベイシア前橋モール
東京都iCracked Store 渋谷、iCracked Store 吉祥寺、iCracked Store 町田、iCracked Store 武蔵小金井、iCracked Store 府中、iCracked Store 調布、AppBank Store ららぽーと立川立飛、Sma-cle メガネスーパー高田馬場本店、リンゴ屋千代田区市ヶ谷店(東京本部)、リンゴ屋ドン・キホーテ北池袋店、リンゴ屋MEGAドン・キホーテ板橋志村店、リンゴ屋ドン・キホーテ新宿店、COVER GARAGEアクアシティお台場
神奈川県iCracked Store 本厚木、Sma-cle メガネスーパー本厚木東口店
千葉県AppBank Store 柏
埼玉県AppBank Store ららぽーと新三郷
愛知県リンゴ屋名古屋栄本店、リンゴ屋名古屋大須店、リンゴ屋MEGAドン・キホーテ名古屋本店
大阪府iCracked Store 心斎橋、リンゴ屋ドン・キホーテ道頓堀御堂筋店、COVER GARAGE京阪京橋、COVER GARAGE阪急高槻、COVER GARAGE梅田中央
福岡県iCracked Store 天神西通り

提携店も順次拡大しております。書類の提出は正直面倒なので、地方でも手軽にキャッシュレスリペアができるようになるといいですね。

モバイル保険の登録に必要なもの

続いてはモバイル保険の登録方法を写真付きで紹介していきます。事前に必要なものがありますので、これらを準備した上で進めましょう。

登録時に必要なものリスト

  1. クレジットカード(オンライン申し込みはクレジットカード決済のみ)
  2. 登録する端末のIMEIまたはシリアル番号
  3. IMEIまたはシリアル番号が表示された画面の写真
  4. 登録する端末の背面の写真

 

iphoneのシリアル番号またはIMEIの確認方法

  1. 「設定」>「一般」>「情報」の順に選択します。
  2. デバイスのシリアル番号を確認します。必要に応じて、下にスクロールして IMEI/MEID、ICCID を確認してください。
  3. この情報を Apple の登録フォームやサポートフォームにコピーしたい場合は、番号を長押ししてコピーします

Androidのシリアル番号またはIMEIの確認方法

※OSのバージョンや端末により確認方法が異なる可能性があります。
  1. スマートフォンまたはタブレットのホーム画面からハードウェアのメニューキーを押し、[設定]をタップ
  2. [設定]一覧を下にスライドし、[端末情報]をタップ
  3. [端末情報]一覧から[端末の状態]をタップ
  4. [端末の状態]一覧から[IMEI]項目を参照

 

【写真付】モバイル保険のオンライン申し込み方法

モバイル保険公式サイトにアクセスし、TOPページから「申し込みはこちら」をタップ

モバイル保険の登録方法から解約の仕方までまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②免責次項が表示されます。「重要事項説明書の内容を理解しました」「希望と一致しましたのでこの内容で申し込みます」にチェックを入れ、一番下までスクロールし次に進みます。

モバイル保険の登録方法から解約の仕方までまとめ

 

③確認用のメールアドレスを求められるので、入力していきましょう。

モバイル保険の登録方法から解約の仕方までまとめ

 

④メール送信が完了すると以下の画面になります。4桁の確認番号がすぐに届くので、そちらを入力して次に進みます。

モバイル保険の登録方法から解約の仕方までまとめ

 

⑤次に登録情報を入力していきます。氏名、電話番号、住所、端末の

情報など順番通りに記載していきましょう。

モバイル保険の登録方法から解約の仕方までまとめ

 

⑥「端末のIMEIかシリアル番号が表示された状態のスマホ本体の画像」を添付する必要があります。つまり、スクショではだめって事ですね。登録の際はあらかじめ複数台端末を用意しておきましょう。

モバイル保険の登録方法から解約の仕方までまとめ

 

⑦別の端末も加入する場合、ここで「副端末1」を選択しさらに入力を進めましょう。もちろん契約後も追加で加入できるので、登録時に入力する必要はありません。

モバイル保険の登録方法から解約の仕方までまとめ

 

⑧申し込み内容の確認画面が表示されますので、一番下までスクロールして行き、次へ進みます。

モバイル保険の登録方法から解約の仕方までまとめ

 

⑨次にクレジットカード情報を入力する画面が表示されますので、入力していき「申込完了」をタップ

モバイル保険の登録方法から解約の仕方までまとめ

 

⑩以上で登録は完了です!ただしまだ契約は完了していません。モバイル保険から手続き完了のメールが到着し、その後問題なければ契約完了のメールが到着します・

 

画像引用:https://mobile-hoken.com/

モバイル保険の解約方法

モバイル保険を解約できるページは少々わかりにくい場所にあります。

具体的には下記の手順で進んでいただければ解約が可能です。

解約手順

モバイル保険のマイページ>よくある質問>解約リンク>モバイル保険の解約手続き

今後、筆者も再契約を前提に解約してみて、手順を紹介したいと思います。

モバイル保険の評判・口コミ・レビュー

保険料はApple careに加入するより安い

技適を通過していないスマホは加入する事ができないため注意が必要

修理費は5日以内に帰ってくるし、請求方法も簡単

リペアパートナー店舗も順次拡大中

モバイル保険ってどうなの?まとめ

以上、モバイル保険のサービス内容や保証に関するまとめでした。

公式サイト:https://mobile-hoken.com/

皆さんもすでにお気づきかと思いますが、Apple care+と比べて圧倒的にお得な保証サービスだと思います。とくに中古スマホ端末に関しても保証が適用できるのがありがたい。スマホマニアは複数台所有が当たり前ですからね。

私の家族もiphoneを持っているのですが、さっさとApple care+は抜けてもらって、私のモバイル保険に追加で加入してもらおうと思います。

 

Summary
Review Date
Reviewed Item
モバイル保険
Author Rating
51star1star1star1star1star