物欲メディアは
コスパを求める20代~30代男性のための
情報メディアです。

スマートフォン一覧 ≫

LINEモバイルがソフトバンク回線に対応。ドコモ回線との違いは?|比較・評価・評判まとめ

recommend

ソフトバンク回線に対応したLINEモバイル。ドコモ回線との違いは?


元スマホ店員のダイキフジシマです。

LINEモバイルがソフトバンクとの提携を発表し、7月2日からソフトバンク回線の新規契約・MNP乗り換えが行えるようになりました。

 

また、既存のLINEモバイルユーザーも、ドコモ回線からソフトバンク回線へ移行する事ができるようです。

>>この記事に興味がある人へのおすすめ

一万円以下の格安スマホランキング!

二万円以下の格安スマホランキング!

三万円以下の格安スマホランキング!

基本的な料金プランに変更はなし

ドコモ回線からソフトバンク回線に変更しても、LINEモバイルの料金プランに変更はありません。

 

音声通話SIMも今までと同様の月額料金で利用でき、ドコモ回線から移動したとしても以降料金が発生したりする事もありません。

 

ただし、細かいオプション料金や仕様に違いがあるので、その点はご注意下さい。

LINEモバイルの音声通話プラン

月額料金データ通信量データフリー対象サービス
LINEフリープラン500円~1GBLINE
コミュニケーションフリープラン1,100円~3GB、5GB、7GB、10GBLINE、Twitter、

Instagrm、facebook

MUSIC+プラン1,810円~3GB、5GB、7GB、10GBLINE、LINE MUSIC、

Twitter、Instagrm、facebook

※ソフトバンク回線でも上記の料金プランで利用可能です。

一部オプションの料金がドコモ回線と違う

端末保証やWi-Fiオプション、10分電話かけ放題など、基本的なオプションサービスは料金も変わらず利用できます。

 

ただし、一部オプションによっては、ソフトバンク回線で利用できるオプション、ドコモ回線で利用できるオプションの違いがあります。

料金が変わるオプションサービス一覧

オプションサービスドコモ回線ソフトバンク回線
留守番電話サービス月額300円月額無料
留守番電話プラス月額300円
グループ通話月額200円
ナンバーブロック月額100円
迷惑電話ストップ月額無料
国際ローミング月額無料

※2018年7月現在、他のオプションサービスについては、同料金での提供となります

データフリーに対応するのは2018年秋頃

LINEモバイルの最大の魅力である、TwitterやFacebookなどのSNSのデータ利用料が0になるデータフリー機能。

 

残念ながら2018年7月現在、ソフトバンク回線ではデータフリーに対応しておりません。

 

そのため、ソフトバンク回線でSNSを利用すると、そのまま通信量が発生してしまいます。

 

2018年秋に対応予定との事ですので、SNSを多く利用する方なら、それまで待つ事も選択のひとつかもしれません。

【ソフトバンク回線のみ】MNP乗り換え・新規契約キャンペーン

✔新規契約やMNP乗り換え、回線変更をすると、データ容量が2倍に

LINEモバイルを新規契約、MNP乗り換え。またはLINEモバイルのドコモ回線をソフトバンク回線に変更すると、データ容量が2倍になるキャンペーンが実施されています。

 

7月から8月の2ヶ月間限定で、期間中に申し込めば2ヶ月間をデータ容量が2倍になります。

 

ソフトバンク回線を3GBで契約すれば、7月~8月は毎月6GB利用でき、10GBで契約すれば毎月20GBのデータ容量を利用できます。

データ2倍キャンペーン対象期間

申し込み期間:2018/7/2(月)~8/31(金)
※8/31(金)までに利用開始日を迎える必要があります。
※家電量販店で契約をする場合は、8/30(木)までにお申し込みください。

 

LINEモバイルへの申し込みはこちら

ソフトバンク回線・ドコモ回線共通のキャンペーン

✔7月~8月にLINEモバイルを契約すると、6ヶ月間は月額料金900円引き

キャンペーン期間は半年間です。7月~8月までに新規契約、MNP乗り換えを行うと適用されます。

 

ソフトバンク回線・ドコモ回線を問わず利用できるキャンペーンですので、ドコモ回線を検討している方でもお得なキャンペーンとなってます。

データ2倍キャンペーンの料金例

料金プランデータ容量月額料金
LINEフリープラン1GB1,200円300円/月
コミュニケーションフリープラン3GB1,690円790円/月
コミュニケーションフリープラン5GB2,220円1,320円/月

 

半年間はこの900円引きを利用する事が可能です。2つのキャンペーンが併用できるソフトバンク回線は、7月中のお申込みが非常にお得となってます。

 

例えば、LINEモバイルのソフトバンク回線の5GBを申し込めば「毎月1,320円で10GBの音声通話SIM」を利用できる事になります。

 

LINEモバイルへの申し込みはこちら

おすすめの格安SIMを目的別に紹介

「格安SIMでとにかく節約したい!」→DMMモバイルがおすすめ

docomo系の格安SIMの中でも特におすすめなのはDMMモバイルです。

通信速度も安定しており、料金プランは格安SIM業界の中でも最安値を叩き出しています。

 

✔DMMモバイル料金プラン

容量データSIM音声通話※
1GB¥480【業界最安】¥1260 → ¥240
2GB¥770¥1,380 → ¥480
3GB¥850¥1,500 → ¥600
5GB¥1,210【業界最安】¥1,910 → ¥1,010
7GB¥1,860¥2,560 → ¥1,660

※いま音声通話プランを契約すると、3ヶ月間900円割引き!

2018年5月24日(木)〜2018年7月5日(木)までの期間内に、通話対応SIMプランを新規申し込みされた方は、利用開始日翌月分より月額基本料が900円 × 3ヶ月割引きになります。

 

格安スマホを購入するなら格安SIMも安い回線を利用したいものです。音声通話のキャンペーンは7月5日までなので、契約するならお早めにどうぞ!

 

DMMモバイル公式サイト

「月額料金は安くしたいけど、通信速度も速い方がいい」→UQモバイルがおすすめ

料金はできるだけ安くしたいけど、なるべく通信速度が速い格安SIMを使いたい。そんな貴方にはUQモバイルがおすすめです。

 

月額料金は少しだけ高いですが、通信速度は格安SIMの中でもNo1を誇ります。また、2年契約で0円になるスマホもありますので、端末を新しくしたい方にもおすすめです。

 

>>UQモバイル(UQmobile)の評価/評判は?超かんたんな乗り換え手順まとめ!

格安SIMへの乗り換え方法はこちら

3大キャリアから格安SIMへ乗り換える際に必要な準備を分かりやすく3ステップで解説しています。

はじめて格安SIMへ乗り換える方なら熟読しておきましょう

 

>>MNP予約番号の取得やり方を徹底解説!転出に必要なモノは?au/docomo/Softbankそれぞれをご紹介!

Summary
Review Date
Reviewed Item
1件のレビュー
Author Rating
41star1star1star1stargray