>>【2019年1月最新版】格安SIMキャンペーンまとめ!

元スマホ店員による
格安SIM・WiFi比較サイト

>>格安SIMランキング

モトローラ!レノボのスマホで人気の10機種を比較せよ【2018】

recommend
黒猫
黒猫

Moto…すばらしいよMoto…

 

黒犬
黒犬

(また黒猫君の物欲が刺激されている…)

 

レノボのスマホ!モトローラとは?

1G、2Gの頃に時代を築いたメーカー

モトローラとは、ThinkPadなどのPCが有名なメーカー、レノボが提供しているスマートフォンです。

 

かつては「モトローラ・ソリューソンズ」として世界一のシェアを誇る携帯電話メーカーでした。

しかし、iphoneやSAMSUNGの対等により業績が悪化、事業をグーグルへ売却します。

 

グーグルへ売却するも業績の低迷は止められず、レノボがグーグルからモトローラ・モビリティを買収し、現在に致ります。



モトローラで人気の10機種を比較してみた!

買収に続く買収を経験したモトローラ。ある種、悲運のメーカーとも言えるでしょう。

 

逆にいうと、大手企業を相手どった競争市場の中で生き抜いてきた歴戦のメーカーと言えます。今回はそんなモトローラのおすすめスマホ10機種を比較・紹介していきます!

1. Moto E5

コストパフォーマンスの高いエントリーモデル

モトローラのエントリーモデルであるEシリーズの最新機種「Moto E5」

2万円以下と非常に安価なスマートフォンですが、2GBのRAMを搭載しDSDSに対応しています。

普段使いには勿論、ガジェット好きのサブ端末としておすすめの一台です。

Moto E5のスペック

プラットフォームAndroid 8.0
プロセッサーQualcomm Snapdragon 425 (MSM8917)
ディスプレイ5.7インチ FHD+
メインメモリ2GB
内部ストレージ16GB
SIMタイプnano SIMx2 DSDS
カメラ1300万画素

 

>>Moto E5を購入

2. Moto G6

定番人気のスタンダートモデル

モトローラの中でも定番モデルともいえる「Moto G」シリーズ。

そんなGシリーズの最新機種がこちら「Moto G6」です。

背面は傷つきにくく美しいCorning Gorilla Glassを採用しています。丈夫でなめらかなデザインに惚れ購入する方も多くいらっしゃいます。

Moto G6のスペック

プラットフォームAndroid 8.0
プロセッサーQualcomm Snapdragon 450 (SDM450)
ディスプレイ5.7インチ FHD+
メインメモリ3GB
内部ストレージ32GB
SIMタイプnano SIMx2 DSDS
カメラ1200万画素+500万画素デュアルカメラ

トリプルスロットなので、nanoSIM×2に加え、SDカードも入れる事ができます!

 

>>Moto G6を購入

3. Moto G6 Plus

G6のアップグレードVer

「Moto G6」より高性能なCPUを搭載し、ディスプレイサイズが大型化した「Moto G6 Plus」

ディスプレイはほぼ6インチですが、主流となりつつある18:9の縦長ボディを採用しているため、片手操作も容易に行う事ができます。

MotoG6とG6Plusを比較

Moto G6Moto G6 Plus
プラットフォームAndroid 8.0Android 8.0
プロセッサーQualcomm Snapdragon 450 (SDM450)Qualcomm Snapdragon 630 (SDM630)
ディスプレイ5.7インチ FHD+5.93インチ FHD+
メインメモリ3GB 4GB
内部ストレージ32GB 64GB
SIMタイプnano SIMx2 DSDS nano SIMx2 DSDS 
カメラ1200万画素+500万画素デュアルカメラ1200万画素+500万画素デュアルカメラ

CPUをはじめ、全体的にアップグレードされています。

ディスプレイはほぼ6インチですがベゼルが狭いため、本体自体はそこまで大きくありません。

 

>>MotoG6 Plusを購入

4. Moto G5s

 G6の前機種。今なら価格が安い

「Moto G6」の前機種である「Moto G5s」

今でも十分に使えるスペックですが、型落ちのため実勢価格が2万円台まで下がっています。

「このスペックのスマホがこの値段で買える」事を考えてたら、非常にコストパフォーマンスが高いです!

Moto G5sのスペック

プラットフォームAndroid 7.1
プロセッサーQualcomm Snapdragon 430 (MSM8937)
ディスプレイ5.2インチ FHD
メインメモリ4GB
内部ストレージ32GB
SIMタイプnano SIMx2 DSDS
カメラ1600万画素

 

>>Moto G5sを購入

5. Moto G5s Plus

Moto G5sのアップグレードVer

「Moto G5s」のアップグレード版である「Moto G5s Plus」

関係性は「Moto G6」「Moto G6 Plus」と同様で、大画面化・上位プロセッサー搭載などの違いがあります。

Moto G5sとG5s Plusを比較

Moto G5sMoto G5s Plus
プラットフォームAndroid 7.1Android 7.1
プロセッサーQualcomm Snapdragon 430 (MSM8937)Qualcomm Snapdragon 625 (MSM8953)
ディスプレイ5.2インチ FHD5.5インチ FHD
メインメモリ4GB4GB
内部ストレージ32GB64GB
SIMタイプnano SIMx2 DSDS nano SIMx2 DSDS 
カメラ1600万画素1300万画素+1300万画素 デュアルカメラ

G5sと同様で型落ちの為、価格が非常に値下がりしています。

まさしく今が買い時ですよ!

 

>>Moto G5S Plusを購入

6. Moto X Play

3630mhAの大容量バッテリー

15分の充電で最長8時間もバッテリーが持つ「Moto X Play」

2100万画素のアウトカメラと、500万画素のインカメラを搭載しています。

ただしDSDSには対応していないので、その点は注意が必要です。

Moto X Playのスペック

プラットフォームAndroid 6.0
プロセッサーQualcomm Snapdragon 615 Octacore
ディスプレイ5.5インチFHD
メインメモリ2GB
内部ストレージ16GB
SIMタイプnanoSIM
カメラ2100万画素

 

>>Moto X Playを購入

7. Moto X4

カメラ性能に特化したハイエンドスマホ

「Moto X4」も「X Play」同様、カメラ性能に特化したハイエンドスマホです。

さらにDSDSも搭載している為、プライベートと仕事を分ける事も簡単です。

X4のボディにもCorning Gorilla Glassを採用しており、背面は品の良い光沢があり、高級感があります。

Moto X4のスペック

プラットフォームAndroid 7.1
プロセッサーQualcomm Snapdragon 630 Octa core
ディスプレイ5.2インチ FHD
メインメモリ4GB
内部ストレージ64GB
SIMタイプnano SIMx2 DSDS
カメラ1200万画素+800万画素デュアルカメラ

 

>>Moto X4を購入

8.Moto Z Play

Moto Modsでプロジェクター・オーディオに早変わり

デザインもスペックもThe・中堅機といった印象の「Moto Z Play」

スナドラ625搭載し、指紋センサー有り。解像度は低めですが有機ELパネルが使用されています。

また、Moto Modsというデバイスを利用する事で、360℃カメラやプリンターも搭載する事ができます。

Moto Z Playのスペック

プラットフォームAndroid 6.0
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 625 (MSM8953)
ディスプレイ5.5インチ
メインメモリ3GB
内部ストレージ32GB
SIMタイプnano SIMx2 DSDS
カメラ1600万画素

 

>>Moto Z Playを購入

9.Moto Z2 Play

Moto Modsに対応したミッドレンジモデル

「Moto Z2 Play」もMoto Modsに対応したスマホです。

「Z Play」の際はカメラが1600万画素ありましたが、Mod Modsでズームレンズを搭載できるからか、カメラ性能は1200万画素にダウングレードしています。

Moto Z PlayとZ2 Playを比較

 Moto Z PlayMoto Z2 Play
プラットフォームAndroid 6.0Android 7.1
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 625 (MSM8953)Qualcomm Snapdragon 626 (MSM8953 Pro)
ディスプレイ5.5インチ5.5インチ FHD
メインメモリ3GB4GB
内部ストレージ32GB64GB
SIMタイプnano SIMx2 DSDSnano SIMx2 DSDS
カメラ1600万画素1200万画素

 

>>Moto Z2 Playを購入

10.ライバルはHUAWEIやZenfone

 

モトローラの主力であるGシリーズの価格は、3万円前後です。

ちょうどHUAWEI P20liteやZenfone5Qといった、人気SIMフリースマホのエントリーモデルと同様の価格帯ですので、これらの機種がライバルとなるでしょう。

 

>>HUAWEI P20 liteを購入
>>Zenfone5Qを購入



レノボのスマホ!モトローラまとめ

皆と少し違うスマホ、それがモトローラ

今回は実質兼備なSIMフリースマートフォン、モトローラについて紹介しました。

どの機種もコストパフォーマンスが高い上に、不具合などの報告も上がらない為、安心して使う事ができます。

これを機に、ぜひモトローラを購入してみて下さい!

たまりにくいAmazonポイントを最大2.5%還元できる裏技

Amazonポイントを最大2.5%還元できる裏技

「Amazonギフト」を利用し買い物をすれば、通常つかないAmazonポイントが最大2.5%還元されます。

Amazonギフトで購入する方法は簡単で、事前に自分のアカウントにチャージすればいいだけ。

1万円分買い物するだけで250円のポイントが還元されます。

利用しないと損ですので、ぜひ使ってみて下さい。

 

おすすめの格安SIM

【2019年最新版】LINEモバイルの評判は?回線はどっち?元スマホ店員がメリット・デメリットを解説
【読了3分】格安SIMの中でも特に人気の高いMVNOのLINEモバイル。このページでは、LINEモバイルの評価や料金、回線はどちらがおすすめか元スマホ店員が解説していきます。

通信費を節約したいなら、まずは格安SIMに乗り換えましょう。

スマホ代に毎月8,000円近くかけているなら、格安SIMに乗り換えるだけで年間6万円も節約できます。

元スマホ店員の私がおすすめする格安SIMは「LINEモバイル」です。

通信費が安い事はもちろん「SNSデータ通信が無料」「格安SIMの中でも通信速度が速い」といったメリットがあります。

転職を検討しているあなたへ

転職したいなら、今話題の転職サイト「DODA」が超おすすめです。

転職したいなら、今話題の転職サイト「DODA」が超おすすめです。

転職エージェントがあなたの希望に沿った求人を引っ張ってくれます。

非公開求人が数多くあるので、年収100万UPも夢じゃありません。

相談だけでも受け付けてくれていますし、あなたは質問に答えるだけでOKです。

いい求人はいい転職サイトにしかありません。

年収UPできるホワイト企業に出会う為に、3分で無料登録してみませんか?

 

Summary
Review Date
Reviewed Item
モトローラ比較10件のレビュー
Author Rating
51star1star1star1star1star