▶ もうApple careに戻れなくなるモバイル保険 ◀

【3分で解決】格安SIMってどれがいい?というギモンに元スマホ店員が答えます

【3分で解決】格安SIMってどれがいい?というギモンに元スマホ店員が答えます

で、格安SIMってどれがいいの?

my gadgetへようこそ。

このサイトは、元スマホ店員だった管理人がおすすめの格安SIMを紹介するサイトです。

格安SIMと呼ばれる通信事業者、は2019年現在において30社以上あります。

通信事業者によりサービスの特徴がありますし、中にはまともに繋がらない格安SIMもあるので、会社選びは非常に重要です。

格安SIMとは?

沢山の格安SIMからどれがいいか選ぶ人

格安SIMとは、大手キャリアであるau・ドコモ・ソフトバンクから回線の一部を借りて通信サービスを提供する「MVNO」の別称です。

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」の略です。

MVNOである格安SIMは回線の一部をレンタルしているため、電波塔を維持するコストがかかりません。

そのため、通常のキャリアと比べて月額料金を安く提供する事ができます。

因みに3大キャリアのように、自社で回線を提供している会社の事をMNO(Mobile Network Operatorの略)と呼びます。

格安SIMのメリット

  • 月額料金が安い!1,000円~2,000円くらいでおさまる
  • 料金プランがシンプルでわかりやすい
  • SIMロックを解除すれば、今まで使っていたスマホをそのまま利用できる
  • ドコモ、au、ソフトバンクから好きな回線を選ぶ事ができる
  • 契約は自動更新ではない。そのため、利用から1年経過したらいつでも解約金0円

格安SIMのデメリット

  • 時間帯によって、通信速度が遅い格安SIMもある
  • Webから自分で申し込みを行う必要がある
  • 三大キャリアのようなショップはない(量販店では販売されている)
  • スマホ本体も一緒に契約する場合、本体代の割引などは発生しない



格安SIMの選び方

格安SIMはどれがいいか選び方を解説

格安SIMを選ぶときは、

・今あるスマホを利用するか

・新たにスマホを購入するか

によって選び方が変わってきます。

また、それぞれでおすすめの格安SIMも変わってきます。

今あるスマホを利用する場合

今あるスマホを利用する場合、さらに「SIMロックを解除するかorSIMロック解除しないか」によって、利用できる回線が変わります。

SIMロックを解除する場合:au、ソフトバンク、ドコモ全ての格安SIMが利用できるようになる。

SIMロックを解除しない場合:今まで利用していたキャリアと同じ回線を利用している格安SIMしか利用できない。

※ソフトバンクで購入したスマホなら、ソフトバック回線を利用した格安SIM。ドコモで購入したスマホなら、ドコモ回線を利用した格安SIM。

SIMロックの解除は、各キャリアのマイページで行うことも可能です。

もし難しい場合は、SIMロックを解除せず、今まで利用していたキャリアと同じ回線を利用すれば問題ありません。

新たにスマホを契約する場合

新たにスマホを契約する場合、SIMロック解除などは行う必要はありません。

また「どこのキャリア回線を利用しているか」も関係ありませんので、サービス内容は月額料金から好きな格安SIMを選んでいただくことになります。

格安SIMの中でも、スマホ端末がセットで0円の機種もあります。

個人的には新たにスマホも契約したほうがいいと思います。

今あるスマホを利用する方におすすめの格安SIM

「SIMロック解除を行って利用する」か「今まで利用していたキャリアと同じ回線を利用する」際におすすめの格安SIMです。

「通信速度が遅い」と言われがちな格安SIMですが、そのなかでも比較的に速度が安定しており、サポートも充実しているため使いやすいです。

mineo

格安SIM,どれがいい,mineo

  • 3大キャリアすべての回線に対応
  • どの回線も通信速度が安定している
  • 格安SIMの中でも人気が高く、サポートも充実している

格安SIMの中でも人気No1といっても過言ではないmineo(マイネオ)。

今持っているスマホ端末を継続して使う場合、mineoへの乗り換えが一番おすすめです。

  • 公式サイトはこちら:mineo

mineoの月額料金

au回線ドコモ回線ソフトバンク回線
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円

mineoの月額料金は格安SIMの中では標準的な価格ですが、メリットは他にあります。

というのも、mineoでは「au」「ドコモ」「ソフトバンク」の3回線から好きなプランを選ぶ事ができます。

つまりどのスマホ端末でも「元キャリアの回線さえ契約すれば」SIMロック解除なしで格安SIMに乗り換える事ができます。

また、mineoのユーザーサポートページも充実しており、初期設定で悩む場面があればユーザーサポートページで調べればすべての内容が解決します。

mineoの評判・口コミ・レビュー

mineoについて詳しく知る

>>mineo(マイネオ)の維持費!音声通話SIMの最安値は1,310円。元スマホ店員が料金・評判・キャンペーンを比較レビュー

 

 

LINE MOBILE

格安SIMどれがいい?ソフトバンク回線とドコモ回線が利用できるLINEモバイルがおすすめ

  • ドコモ、ソフトバンク回線が利用できる
  • 通信速度は格安SIMの中でも高速
  • ツイッターやインスタグラムといったSNSがデータ消費0で利用できる

mineoの次におすすめなのがLINE MOBILE(ラインモバイル)です。

LINE MOBILEは、ドコモ回線とソフトバンク回線の月額料金が一緒です。

LINE mobileの月額料金

ギガ数ドコモ・ソフトバンク回線
3GB1,690円
5GB2,220円
7GB2,880円
10GB3,220円

格安SIM全体でみてもソフトバンク回線は月額料金が高い傾向にあります。

しかしLINE MOBILEではドコモ回線と同じ価格で利用できるため、ソフトバンク回線がおとくです。

そしてLINE MOBILEでは「LINE」「Twitter」「Instagrm」「facebook」といった大手SNSをデータ消費0で利用する事ができます。

つまり月に利用するギガ数をオーバーし通信制限にかかったとしても、上記のSNSはいつものスピードで利用できます。

この機能があるのはLINE MOBILEだけでして、データの節約にも一役買います。

筆者もLINE MOBILEをメイン回線として利用しています。

3GBのプランなのでYouTubeを観たりするとすぐに通信制限にかかってしまいますが、SNSは高速通信なので不便を感じていません。

LINE MOBILEの評判・口コミ・レビュー

LINE MOBILEについて詳しく知る

>>LINEモバイルの評判は?回線はどっち?元スマホ店員がメリット・デメリットを解説

 

スマホを新たに購入する方におすすめの格安SIM

スマホを新たに購入する場合、機種代が0円のスマホ端末がある格安SIMを選びましょう。

とはいっても、機種代が0円のスマホ端末がある格安SIMは実質2社だけです。

以下の2社は、月額料金が安いにも関わらずサービス内容がキャリアに似ている事から「サブキャリア」とも呼ばれています。

UQ mobile

スマホ端末も新しくする場合、UQモバイルがおすすめ

  • 格安SIMの中で通信速度No1!
  • 当月使わなかったギガ数は翌月にデータ繰り越しできる
  • 端末セットで機種代0円のスマホ端末もある

auの回線を利用した格安SIMのUQ mobile(UQモバイル)。

通信速度は、全ての格安SIMの中でNo1と言っても過言ではないでしょう。

サブキャリアと呼ばれるだけあり、サービス内容はmineoやLINE MOBILEと比べ充実しています。

UQ mobileの月額料金

SプランMプランLプラン
月額料金1,980円※1年2,980円※1年4,980円※1年
データ量3GB9GB21GB
無料通話5分カケホーダイ

一番小さい3GBのプランでも1,980円/月で発生するため、mineoやLINE MOBILEと比べ月額料金が高い印象はあります。

それでも5,000円以下でスマホ端末を持つ事ができますので、3大キャリアと比べると月額料金は安いです。

どのプランの場合もそうなのですが、UQ mobileは契約してから1年後、月額料金が1,000円高くなります。

さらに無料通話も「5分カケホーダイ」が追加料金なしで加入できます。

また、UQ mobile独自の無料オプションとして「データ繰り越し機能」や「節約モード」といった便利な機能があります。

このようなオプションがある格安SIMはUQ mobileだけでして、サービス内容は3大キャリア並み、と言っても過言ではないでしょう。

「スマホ端末を0円で手に入れたい」「3大キャリアと同様のサポートを受けたい」「格安SIMの通信速度が心配」という方はUQ mobileがおすすめです。

UQ mobileの評判・口コミ・レビュー

UQ mobileについて詳しく知る

>>UQ mobile(UQモバイル)完全ガイド!辛口スマホ店員が評判・口コミ・速度をレビュー

 

 

Y!mobile

格安SIM,どれがいい,ワイモバイル

  • 格安SIMの中で通信速度No2!
  • 10分カケホーダイが無料オプション
  • 端末セットで機種代0円のスマホ端末がある

UQ mobileと同じくソフトバンク系のサブキャリアであるY!mobile(ワイモバイル)。

月額料金はUQ mobileとほぼ一緒です。

Y!mobileの月額料金

SプランMプランLプラン
月額料金1,980円※1年2,980円※1年4,980円※1年
データ量3GB9GB21GB
無料通話10分カケホーダイ

1年後に1,000円高くなる所もUQ mobileと一緒です。

ワイモバイルのメリットとしては「10分カケホーダイ」の無料通話に追加料金なしで加入できる点です。

UQ mobileでは「5分カケホーダイ」のため、通話を多くされる方ならY!mobileのほうがおすすめです。

また、通信速度はUQ mobileに次ぐ、格安SIMの中でNo2です。

UQ mobile特有のオプションである「データ繰り越し」や「節約モード」といった機能はY!mobileにはありません。

UQ mobileに一歩遅れをとっているイメージがありますが、端末の種類が豊富なのはY!mobileです。

Y!mobileの評判・口コミ・レビュー

Y!mobileについて詳しく知る

>>Y!mobile(ワイモバイル)の評判・口コミをレビュー!

 

 

格安SIMへ乗り換える手順はややこしい

【格安SIMの乗り換え手順】6ステップでOK!3分でわかる!元スマホ店員の私が超かみくだき解説
【3分でわかる】【元スマホ店員が解説】格安SIMは価格が安いですが、乗り換えを自分で行わなければいけません。このページでは、元スマホ店員の私が格安SIMへの乗り換え手順を超シンプルに解説します。

記事の前半でも触れた通り、格安SIMへ乗り換える手順はややこしいです。

特に古い端末をそのまま利用する場合は、SIMロック解除でつまずく方も多くいらっしゃるかもしれません。

ただし「必要最低限の手順で乗り換える」だけでしたら、まったくの素人が行ってもそこまで難しくありませんよ。

以下の記事では、その「必要最低限の手順」を6ステップに分けて解説しました。

乗り換えの際、実際に引き継ぐのは「電話番号」「電話帳」「LINEアカウント」この3つです。

「これだけ引き継げれば問題ない」という方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

格安SIMおすすめランキング!

辛口な元スマホ店員が比較・評価!格安SIMおすすめランキング【最新2019年版】
【辛口評価】【読了3分】このページでは、おすすめの格安SIMをランキング形式で紹介していきます。通信速度・料金・サービス内容の3点からランキング付けしており、偏見や贔屓なしに評価しています。格安SIMを契約する際は参考にしてください。

他にもおすすめの格安SIMは数多くあります。

「今回は通信速度が安定している」「サポートが充実している」という2点から格安SIMを厳選しましたが、mineoやLINE MOBILEより料金が安い格安SIMもあります。

それらは初心者向けの格安SIMとは言えませんが、以下のランキング記事で料金など詳細を解説しています。

SIMフリースマホおすすめランキング

SIMフリースマホ!元販売員おすすめ比較ランキング【最新2019年版】
【読了3分】格安SIMと組み合わせて利用するのに最適なSIMフリースマホ。このページでは、元スマホ店員の私が「2018年、これを買えば間違いなし」なおすすめスマホをランキングでご紹介します!

SIMフリースマホとは「事前にSIMロックがかかっていない状態のスマートフォン」の事です。

SIMロックがかかっていないため、購入した次点でどのキャリア回線でも利用する事ができます。

価格も2~3万円台がホットゾーンで、3大キャリアのスマホと比べると安く購入できる点が特徴です。

「新たに格安SIMを契約し、端末はSIMフリースマホを別途購入する」という使い方もアリでしょう。

【随時更新】格安SIMの全キャンペーンまとめ

【2019年1月最新版】格安SIMキャンペーン比較!初期費用無料やおすすめキャッシュバックまとめ!
【読了3分】【元スマホ店員が比較】2019年1月現時点の格安SIMのキャンペーンを比較しています。ランキング形式でおとくな順番に紹介しているので、比較の際はぜひ参考にして下さい。

開催されているキャンペーン、キャッシュバックを格安SIMごとに1ページにまとめました。

この記事をみれば、全ての格安SIMのキャンペーンを網羅する事ができます。

キャンペーンを利用するかしないかで、格安SIMを契約した後にどれだけ節約できるかが変わってくるので、ぜひ参考にして下さい。



格安SIMどれがいい?まとめ

今回は格安SIMについてかんたんに解説しました。

筆者も実際に利用しているおすすめの格安SIMも合わせて紹介しましたが、はじめて格安SIMを契約されるならこれらを選べば間違いないでしょう。

もし何かお困りごとがあれば、筆者のTwitter(@daikifuzishima)にご相談いただければお答えします。

格安SIMを使って、上手に節約しましょう!

Summary
Review Date
Reviewed Item
格安SIM
Author Rating
41star1star1star1stargray
最後までお読みいただきありがとうございました。よければSNSシェアをお願いします
フォローして更新通知を受け取る
my gadget|ガジェットニュースメディア