>>【2019年1月最新版】格安SIMキャンペーンまとめ!

元スマホ店員による
格安SIM・WiFi比較サイト

>>格安SIMランキング

【iphone7】ワイモバイルとUQモバイルどっちがおすすめ?元スマホ店員が料金・違いを比較

recommend

【iphone7】ワイモバイルとUQモバイルどっちがおすすめ?徹底比較

【iphone7】ワイモバイルとUQモバイルどっちがおすすめ?徹底比較

元スマホ店員です。

2018年12月20日、サブキャリアであるワイモバイルとUQモバイルから、iphone7が発売されました。

3大キャリアからはiphone Xsも発売されておりますし、iphone7はさながら在庫処分といった形での販売になります。

とはいえ、iphone7はまだまだ長く利用する事のできるスペックのスマホですので、気軽にハイスペックなスマホを持ちたい方にはぜひおすすめです。

iphone7はワイモバイルとUQモバイルから同時に発売される事となりますが、結論からいうとUQモバイルのほうがおすすめです。

 

 

UQモバイルのほうがおすすめな理由として、

  • UQモバイル・ワイモバイルは料金がまったく一緒
  • 通信速度が速いのはUQモバイル

という2つのポイントがあります。

このページでは、UQモバイルとワイモバイルの違いを具体的にご紹介していきます。

 

関連記事

>>UQ mobile(UQモバイル)完全ガイド!辛口スマホ店員が評判・口コミ・速度をレビュー

>>Y!mobileキャンペーン・キャッシュバックまとめ!元スマホ店員が評判・口コミをレビュー

iphone7とは?簡単におさらい

iphone7は、2016年9月25日に販売されたAppleのスマートフォンです。

外観はiphone6sと似ていますが、新しいカラーバリエーションである「ジェットブラック」が追加されました。

iphone8以降「ジェットブラック」は販売されていないため、実質iphone7限定のカラーリングとなっています。

また、ゴールドカラーにも特徴があります。

現在の8やXのように肌色がかったゴールドではなく、しっかりと黄色の要素が強く、高級感のあるゴールドカラーです。

7以前のゴールドが好きだった方も多いのではないでしょうか。

 

その他の仕様はこちらをご覧ください。

  • 4.7インチRetina HDディスプレイ3
  • IP67等級の耐水性能と防塵性能(最大水深1メートルで最大30分間)2
  • 4Kビデオが撮れる12MPカメラ
  • Retina Flash搭載7MP FaceTime HDカメラ
  • セキュア認証とApple PayのためのTouch ID4
  • A10 Fusionチップ
  • パフォーマンスが一段と速くなり、スクリーンタイム機能とグループFaceTimeが使えるiOS12

出典:https://www.uqwimax.jp/iphone/7/

 

ワイモバイル・UQモバイル 料金プランの違いを比較

ワイモバイル・UQモバイル 料金プランの違いを比較

まずはワイモバイルとUQモバイルの料金プランをご紹介していきます。

冒頭でもお伝えしましたが、iphone7の端末セットで契約した場合でも、両キャリア共に月額料金はまったく一緒です。

そのため、料金プランについての説明が必要ない方はこの項目は読み飛ばしてOKです。

【ワイモバイル】iphone7(32GB)を契約した時の月額料金

SプランMプランLプラン
月額料金1,980円(1年)2,980円(1年)4,980円(1年)
ギガ数3ギガ(2年)9ギガ(2年)21ギガ(2年)
無料通話10分カケホーダイ
機種代金(32ギガ)1,944円/月1,620円/月
料金(機種代込み)4,082円/月4,622円/月6,782円/月

 

【ワイモバイル】iphone7(128GB)を契約した時の月額料金

SプランMプランLプラン
月額料金1,980円(1年)2,980円(1年)4,980円(1年)
ギガ数3ギガ(2年)9ギガ(2年)21ギガ(2年)
無料通話10分カケホーダイ
機種代金(32ギガ)2,484円/月1,944円/月
料金(機種代込み)4,622円/月5,162円/月7,322円/月

 

【UQモバイル】iphone7(32GB)を契約した時の月額料金

SプランMプランLプラン
月額料金1,980円(1年)2,980円(1年)4,980円(1年)
ギガ数3ギガ(2年)9ギガ(2年)21ギガ(2年)
無料通話5分カケホーダイ
60分/月120分/月180分/月
機種代金(32ギガ)1,944円/月1,620円/月
料金(機種代込み)4,082円/月4,622円/月6,782円/月

 

【UQモバイル】iphone7(128GB)を契約した時の月額料金

SプランMプランLプラン
月額料金1,980円(1年)2,980円(1年)4,980円(1年)
ギガ数3ギガ(2年)9ギガ(2年)21ギガ(2年)
無料通話5分カケホーダイ
60分/月120分/月180分/月
機種代金(128ギガ) 2,484円/月1,944円/月
料金(機種代込み)4,622円/月5,162円/月7,322円/月

 

12月20日現時点では、128GBの取り扱いがありません。

ワイモバイルでは在庫なしと表示されており、UQモバイルでは1月からの発売と発表されています。

128GBが欲しい場合、もうしばらく待つ必要があります。

 

ワイモバイルとUQモバイルの違いをおさらい

ワイモバイルとUQモバイルの違いをおさらい

ワイモバイル・UQモバイル共にiphone7を契約した時の料金はまったく一緒です。

そのため、どちらがいいか選ぶ際は「それぞれのサービスの違い」を比較して契約するのがいいと思います。

ワイモバイルとUQモバイルの違いを具体的に解説していきます。

ワイモバイルはソフトバンク回線、UQモバイルはau回線を利用している

ワイモバイル・UQモバイルは俗に「サブキャリア」と呼ばれています。

格安SIMのようにキャリアから回線を借りている点は一緒ですが、

  • ワイモバイルはSoftbankの子会社
  • UQモバイルはauの子会社

という関係性なので、mineoやLINEモバイルといった格安SIMよりも優遇されています。

格安SIMと比べ通信速度が速いですし、音声通話の品質がいいというメリットがあります。

ただしサブキャリアは格安SIMと比べ月額料金が高いのがデメリットです。

ワイモバイルは10分カケホーダイ。UQモバイルは5分カケホーダイ

ワイモバイルとUQモバイルの料金プラン、月々かかる月額料金はまったく一緒です。

唯一違う所は「カケホーダイが5分か10分か」という点のみでしょう。

UQモバイルは5分カケホーダイが無料で利用できますが、ワイモバイルでは10分カケホーダイが無料で利用できます。

LINEでの通話がメインとなっている方は特に気にしなくても構いませんが、電話番号を利用した通話をされる方ならワイモバイルのほうがおすすめです。

通信速度が速いのはUQモバイル

UQモバイルはサブキャリア・格安SIMの中でもNo1の通信スピードを誇ります。

次点でワイモバイルが並ぶ形になるので、より通信速度が速いキャリアが良ければUQモバイルのほうがおすすめです。

UQモバイルにはApple Coreがある(Yモバイルにはない)

Apple公式の端末保証サービスであるApple Core。

UQモバイルなら月額666円で加入する事ができます。

破損時に交換や修理の対応を行ってくれるサービスで、iphoneを契約する時は加入をおすすめしているオプションです。

で、ここからが重要なのですが、

YモバイルにはApple Coreがありません。

「故障安心パックプラス」という端末保証サービスに入る事はできますが、Apple公式の端末保証サービスではありませんし、月額745円とUQモバイルのApple Coreより高額です。

Apple Coreに加入したいのであれば、UQモバイルのほうがいいでしょう。

結論:無料通話使わないならUQモバイルがおすすめ

冒頭でもお伝えしましたが、iphone7を契約した場合の月額料金は一緒です。

ですので「どちらのサービスがいいか」で選ぶようにしましょう。

がおすすめです。

また、ワイモバイルにはApple公式の端末保証サービスであるApple Coreがありません。

ワイモバイルオリジナルの端末保証サービスに加入する事はできますが、公式のApple Coreに加入したいのであればUQモバイルがよりおすすめできます。

 

スマホ契約するならオンラインショップで

スマホを契約するなら、店員に余計なオプションが付けられないオンラインショップから契約する事をおすすめします。

契約の待ち時間もないため、空き時間でサクッと契約する事ができますよ。

 

UQモバイルオンラインストア

格安SIMの乗り換え手順は難しい

【格安SIMの乗り換え手順】6ステップでOK!3分でわかる!元スマホ店員の私が超かみくだき解説
【3分でわかる】【元スマホ店員が解説】格安SIMは価格が安いですが、乗り換えを自分で行わなければいけません。このページでは、元スマホ店員の私が格安SIMへの乗り換え手順を超シンプルに解説します。

いざ「格安SIMに乗り換えたい!」と思っても手順がわからなくて挫折してませんか?

確かに1から10まですべてやろうとすると、乗り換えは難しいです。

ただし「必要最低限の手順で乗り換える」のであれば、そこまで難しくありません。

必要最低限とは「LINEアカウントの移行」「電話帳の移行」「電話番号の移行」この3つの事です。

おそらく多くの方が、この3つさえ以降出来れば問題ないのではないでしょうか。

このページでは、元スマホ店員の私が格安SIMの乗り換えに最低限必要な事を6ステップに分けて解説しています。

 

Summary
Review Date
Reviewed Item
iphone7
Author Rating
41star1star1star1stargray