>>【2019年1月最新版】格安SIMキャンペーンまとめ!

元スマホ店員による
格安SIM・WiFi比較サイト

>>格安SIMランキング

モバイルルーター×格安SIMでWiFiを‘‘1000円/月‘‘で利用する方法!

recommend

ちょっとした外出でPCやタブレットを利用したい。そんなときに活躍するのがWimaxを筆頭としたポケットWifiです

データ無制限で利用できるし、持ち運びもできるので、一人暮らしの方や出先で仕事をする人に人気があります

 

ただ、契約も2年が前提。そして光回線とくらべるとどうしても電波が弱く不安定といったデメリットもあります

そしてデータ無制限のプランだと、どんなに安くても月額が3,000円以上・・・サブ回線として利用するにも『ちょっと値段が』となる方も多いかもしれません

 

ちなみに私がwifiに求める条件はこんな感じです

・月額3,000円以下(安ければ安いほどいい)

・利用目的は出先でのブログ更新

・家に光回線があるため、完全にサブ用途

・毎日外で仕事をするわけではないため10GBもあれば充分

スマホのデザリング等も一瞬考えたのですが、僕は格安スマホのUQモバイルを利用しています

大手キャリアの20GBのプランとかはあまり魅力を感じない。それに、スマホ本体に負担をかけるのも嫌ですし

 

wifiはあくまでサブ回線。色々調べ上で結論が、SIMフリーのwifiに格安SIMを挿して利用する

 

という運用方法です

SIMフリーのモバイルルーターとは?

『SIMフリーのモバイルルーターって何?』という方もいると思うので説明すると、まずはSIMフリーについて理解する必要があります

 

SIMフリーとは、auやdocomo等、キャリアの制限がなく利用できるスマートフォンやwifiの事を指します

皆さん想像するwifiは、契約さえすればデータ通信ができるwifiですね。王道だとwimaxです

あれも実はwimaxのSIMカードが挿入されており、wimax以外のSIMカードが利用できません

 

wimaxについてすごく簡単に説明すると、通信方式はスマホと一緒です。SIMカードを利用してデータ通信しています

 

今回おすすめする方法は、キャリアの制限がない『SIMフリーのwifiルーター』を単品で購入

格安スマホで使われているSIMカードを別途契約し挿入することで、wifiを安く運用しよう!

というものです

SIMフリーのwifiルーター『HUAWEI E5577S』

SIMフリーwifiの購入方法ですが、普通にAmazonで購入できます

今回僕が購入を検討しているのが、HUAWEIのE5577Sというモデル

 

Amazon売り上げランクも一位だし、星も4つ近くついています。そして価格が一万円以下と、コスパも十分です

PCのネット接続をする分には問題ないレベルで利用できますね

サイズ96.8*58*17.3mm
バッテリー容量最長約 12時間 (LTE モード)
SIMカードサイズ標準
FDD LTE(対応BAND)B1, B3, B5, B7, B8, B19, B20
WCDMA(対応BAND)B1, B2, B5, B6, B8, B19

 

SIMフリーモバイルルーター×格安SIMという選択

さて、HUAWEI E5577Sを購入してしまえば、後は格安SIMを契約するだけです。格安SIMのプランは「音声通話付き」「SMS機能付き」「データ通信」と色々種類があります

 

今回はwifiでの利用がメインなので「データ通信」を選んでください

また、データ通信専用の格安SIMでも、GB数に応じて毎月の料金が違います。なので、『どのGBで契約すればいいかわからない』という方もいると思います

 

何GBでどれくらいインターネットを利用できるかも合わせてご説明しますね

〇〇ギガってどれくらい使えるの?データ数の目安

✔3GBの場合
ページの更新:10470ページ(349ページ/日)
動画の閲覧:13時間
本当にサブ用途といった印象、料金も900円からのものが多い。月に1、2回くらい外出先でPCやタブレットを利用したい方におすすめ

 

✔6GBの場合
ページの更新:17450ページ(581ページ/日)
動画の閲覧:22.5時間
「3GBじゃ不安」という方なら、5GBを選択するべきでしょう。また、月に1、2回程度の利用でも、動画の閲覧が多めになる場合は5GBがおすすめ。

 

✔10GBの場合
ページの更新:34900ページ(1163ページ/日)
動画の閲覧:45時間
外出先での利用が多めの方でも問題なく利用できるレベルなのが10GB。外出先でデータのDLなどもする方は、10GBを選択しましょう。

私は週一くらいの頻度で、外出先でのブログ執筆をします。利用頻度はそこまで多くはない

3GBくらいで十分かなとも思いますが『足りなかったらどうしよう』という不安もあります

3ギガでおすすめの格安データSIMは『UQモバイル』




3GBでおすすめできるというか、格安SIMの中でも一番おすすめできるのがUQモバイルです

本当はどのギガ数でもUQモバイルを勧めたかったのですが、UQモバイルで契約できるデータSIMが3GBしかないんですよね10GBとか作ったら売れるだろうに

 

とにかく、圧倒的に通信速度が早い。大手キャリアと比べても遜色ないんじゃないかな。それこそwimaxと変わらないんじゃないか?というくらい爆速です

 

UQモバイルの通信速度は、僕も実際にスマホで利用していて実感しています

関連記事:auからUQモバイルに乗り換えた結果、通信費が年間6万安くなった話

 

初期費用は、最初だけ事務手数料として3,240円発生します。月額の利用料金は980円

SIMフリーwifiにUQモバイルを組み合わせれば、毎月1,000円もしない価格で、外でタブレットやPCを利用することができるんです

しかも動作は快適。ちょっと衝撃的ですよね

 

また、いつ解約しても契約解除料がかかりません。契約解除料がまったく発生しないので、嫌だったら簡単にやめれるのもメリットですね

 

3GBでSIMフリーwifiを運用するなら、間違いなくUQモバイルですね!

 

UQ mobile公式サイト

6ギガでおすすめの格安データSIMは『mineo』



爆速のUQモバイルはデータ通信のみだと、3GBしか販売していないのでしょうがなく紹介すると、6GBで利用できる格安SIMでおすすめはmineoです!

 

契約手数料はUQモバイルと同額で3,240円。毎月の利用料は、6GBで1,580円

 

mineoだと、今回紹介したSIMフリーwifiルーター「HUAWEI E5577」を分割で購入することができます。これはありがたい

 

分割ならAmazonとかで別途E5577を購入する必要はありません。毎月400円/24ヶ月払いでmineoと契約することになります

とはいっても、端末を分割購入+6GBで契約で月の料金は2,000円いかないくらいです

 

もちろんデータSIMなので、契約解除料は発生しないのでご安心くださいね

 

「通信料は3GBでもいいけど、最初にルーター代で1万円を支払わなきゃいけないのはちょっと・・・」という方なら、mineoで契約して、E5577もセットで分割購入しちゃってください。

 

mineo公式サイト

10ギガでおすすめの格安データSIMは『OCN モバイルone』



サブ端末でも10ギガ使いたい!というヘビーユーザーの方には、OCN モバイル oneがおすすめです

 

E5577を分割で購入したい方ならmineoを選択し、10GBの契約をしたほうがいいです

ですが、10GB以上の利用が前提で、ルーターを一括する方は、ぜひとも「OCNを選択するべき!」と断言できます

 

何故かというと、OCNの場合、月ごとに料金プランの変更ができるんです

 

例えば「今月はそんなに使わないなー」という月なら10GBを選択すればいいし「今月は外での作業がメインになるな」という月なら20GBと選択すれば問題ありません

その人の作業環境にあったギガ数を、月ごとに選べるというのが最大のメリットかなぁと

 

気になる通信速度は・・・mineoよりは速く、UQモバイルよりは遅いですw

 

初期費用はおなじみの契約手数料が3240円。毎月の料金は、10GBの場合は2,300円です。

こちらもギガ数に応じて変わってきますよん

 

OCNモバイルONE公式サイト

モバイルルーターをサブ回線でもち、外出時のネット環境を快適に

今回はギガ数別におすすめな格安SIMとHUAWEI E5577S紹介しましたが、3GBで充分であればUQモバイルが圧倒的におすすめです。

また、OCNやmineoでも、3〜20GBまで細かく料金プランが選択できます

個人的には、外出時にどれだけPCやタブレットを利用するかを考慮し、プランを組むのがいいと思います

また、初期費用は基本的に3,240円で、どれも契約解除料がかからないというのはありがたいですよね

 

まずはお試しがてら、利用してみてはいかがでしょうか?

実はケースもあります