>>【2019年1月最新版】格安SIMキャンペーンまとめ!

元スマホ店員による
格安SIM・WiFi比較サイト

>>格安SIMランキング

google WiFiの価格・性能は?従来のルーターとの違いを徹底解説!

recommend

Googleは、家庭用WiFiである『Google WiFi』のを4月26日に発売することを発表しました。

海外では2016年からすでに発売されており、日本は少し遅れての販売となります。

単品の販売と3台パックが用意されていて、親機と子機を連携し、2階建の一軒家や3LDKなどの広い間取りでも高速通信が行えるよう設計されています。

黒犬
黒犬

一軒家で使うならありな製品だけど、単品での使い心地はどうなんだろう

黒猫
黒猫

黒犬君。鋭いところを付いてくるね!

従来のルーターとの違い

複数台接続が前提として作られている

従来のルーターとの違いとしては、複数台に接続して利用することが前提として作られた点でしょう。家中どこでも高速通信利用できるように設計されています。また、住宅の規模に合わせてWifi ポイントを追加することもできるようです

Google WiFiのスペック

通信方式/規格IEEE802.11 a/b/g/n/ac対応の同時デュアルバンド Wi-Fi(2.4GHz、 5GHz)
セキュリティWPA2-PSK
RAM・ROM・プロセッサ512 MB RAM・4 GB eMMC 型フラッシュ・クアッドコア ARM CPU

最も接続状態の良いチャンネル高速帯域を自動的に選んで端末を接続するので、常時高速通信を行えるのが魅力です。Google WiFiが自動で選ぶので、ユーザーは複雑な設定は不要。

Google WiFi 気になる価格は?

気になるGoogle WiFiの価格なのですが、1台で1万5000円、3台パックが3万9000円となっています。

基本的に親機と子機を組み合わせて、複数台で運用するコトが目的とされています。一台当たりの単価はAppleのAir Macと比べるとやや価格は安いですが、利用用途が違いますね。

カラーはホワイト一色。Google Home同様、インテリアになじみやすいデザインになっています。

Google WiFi 必要?

大きな家に住んでいる方ならありかもしれませんが、単にWiFiの親機と中継機をセット販売している感が否めません。。。

グーグルホームとの連携等も期待しましたが、特段そんな機能があるわけではなく。特に1ルームに住んでいる方が高速通信を実感できるのか?と言われると、正直怪しいですね。

今後情報が更新されることに期待です。

この親機と中継機は組み合わせても1万円程度