▶ もうApple careに戻れなくなるモバイル保険 ◀

大好きだった『au INFOBAR』の歴史を振り返る【xv発表】

recommend

これ以上、アイデンティティが確立されたガラケーは存在するのだろうか

 

元WiMAX店員です。

2018年「au design project」の15周年を記念して、INFOBAR xvが発表されました。

 

原点回帰ともいえるそのデザインに興奮した方も多いのではないでしょうか。

今回は、INFOBARの15年の歴史について振り返っていきます。

INFOBARのプロトタイプ、info.bar(未発売)

大好きだった『au INFOBAR』の歴史を振り返る【xv発表】

「幻のガラケー」との呼び声が高いinfo.bar。

似たり寄ったりなデザインだったガラケーのデザインを打破すべく、KDDIのマネージャーが深沢直人氏にコンセプトデザインをお願いしたのが始まりだったという。

 

非常に美しいフレームレスのデザインは、現代によみがえったXVにも反映されている。

ただし、当時は技術面においてフレームレスにすること自体が難しかったので、このデザインのまま製品化には至らなかった。

 

技術的にガラケーとして再現可能な範囲で、info.barのデザインに極力寄せたモデルが初代INFOBARだ。

INFOBAR(2003)

大好きだった『au INFOBAR』の歴史を振り返る【xv発表】

記念すべき初代INFOBARは、プロトタイプであるinfo.barの反響があまりにも大きかった事から、急遽製品化が決定したという。

 

また、INFOBARの発売と同時に、性能よりデザインに力を入れるプロジェクト「au design project」が始まった。

 

初代INFOBARは、その記念すべき第一弾のモデルである。

デザインは引き続き深沢直人氏が担当しており、同氏はのちのINFOBARシリーズすべてのデザインを担当した。

 

余談ではあるが、私がちょうど中学生の頃に初代INFOBARが発表された。

当時は性能を追求するあまり、二つ折りで似たり寄ったりなデザインが多かったガラケーが主流だったが、そんな中発表されたストレートタイプのガラケーは、非常にインパクトが強かったのを覚えている。

INFOBAR 2(2007)

大好きだった『au INFOBAR』の歴史を振り返る【xv発表】

 

au desain 第7弾として発売されたINFOBAR2 。デザインは前身である初代INFOBARに引き続き、深澤直人氏が行っている。

製造はINFOBARから引き続き鳥取三洋電機が引き受けた。

 

丸みを帯びたボディは「口の中で溶けた飴」をイメージしデザインされており、アンテナは本体に内蔵されいた。

また、「au design project」の中で唯一N800MHz帯に対応していたモデルで、性能も申し分なかった。

 

INFOBAR2 は「au design project」第7弾、最後のモデルとして発売されている。

プロジェクト自体がINFOBARから始まり、INFOBAR2で終わっている。

当時のKDDIのラインナップの中では重要な位置づけのモデルだった事は言うまでもない。




INFOBAR A01(2011)

INFOBARシリーズ初のスマートフォンである「INFOBAR A01」

ガラケーからスマホへの移行が顕著な時期で「au design project」のコンセプトを見直したプロジェクト「iida」が発足された。

INFOBAR A01はiidaシリーズの第一弾のスマートフォンである。

 

スマートフォンはデザイン面で個性を主張するのが非常に難しい。前面がすべてディスプレイの為、どのブランドも背面のデザインで他機種と差別化する事ばかりを考えていた。

 

そんな中発表されたのが、物理ボタンがついた「INFOBAR」だ。当時のラインナップの中でも非常に個性を際立たせていた事は言うまでもない。

INFOBAR C01(2012)

INFOBAR A01にテンキーを搭載したモデルであるINFOBAR C01。iidaシリーズの第2弾として発表された。

横幅は非常にスリムで、角張ったデザインは初代INFOBARを彷彿とさせるものがある。

 

十字キーは搭載されていないが、その操作はタッチパネルで行えるようになっている。

当時の私は「これぞ日本版のブラックベリーだ」と興奮した事を今でも覚えている。

 

因みに製品名に付けられている「C」はClassicを意味する。名前の由来をから見ても、初代INFOBARを意識していた事が伺える。

INFOBAR A02(2013)

INFOBARシリーズ初の防水・防塵に対応したモデルとなったINFOBAR A02。

ボディはアルミフレームを採用し、側面部は手に馴染みやすい曲面仕上げとなっている。また、この頃から、INFOBARの製造はHTCが行うようになった。

 

スマートフォンには物理ボタンが必要ない。

そのため、INFOBAR A01やC01のような個性的なボタンを搭載すると利便性が悪くなってしまうのだ。A02からINFOBARの魅力は薄れていったと筆者は考えている。

 




INFOBAR A03(2015)

A02にはなかったボタンが復活したINFORBAR A03。製造メーカーは京セラが担当し、デザインは深澤直人氏が担当した。エッジのデザインが美しい。

ボタンはA01と同じ場所にある。しかしこれは物理キーではなく、センサーキーとなっている。

 

また、SIMロック解除が義務化されていなかったギリギリの頃に販売されているため、au以外のSIMは利用できない。

INFOBAR xv(2018)

そして「au design project(iida)」の15周年を記念して、2018年に発表されたのがINFOBAR xvだ。

INFOBARシリーズでガラケーを販売するのは約11年ぶりとなっている。

 

勿論デザインは深澤直人氏が行っている。

XVでは、コンセプトモデルであるinfo.barの頃に実現できなかった「フレームレス」を実現した。

 

全体的なデザインはINFOBAR2に似ている。ひょっとしたらINFOBARは2の時点で、すでに完成されたデザインとなっていたのかもしれない。

INFOBAR xv 予告ムービー

INFOBARはガラケー界のiPhone

「すでに完成されたデザイン」と言われたら真っ先に想像できるデバイスはないだろうか?

 

そう、iphoneだ。

iphoneは販売当初から形が少しずつ変わってきた。しかし変わらない部分もあり、それが背面のデザインや物理ボタンといった箇所だ。

 

アップデートする部分はアップデートし、変えない部分は変えない。どのシリーズでも一貫して「これがiphoneのデザインだ」と思わせるものをAppleは販売してきた。

 

INFOBARの徹底的にこだわり抜いたデザインには、iPhoneと同じ哲学を感じるものがある。

アップデートする場所はアップデートし、変えない部分は変えない完成されたデザインだ。

 

ただし、スマートフォンを販売していたころは不遇の扱いを受けてきた。そもそもINFOBARのデザインコンセプトがスマートフォン向きではなかったと筆者は考えている。

 

今回販売されるINFOBAR xvはINFOBARの終着地点が垣間見えるかもしれない。

よく読まれています

元WiMAX店員おすすめのWiFi

>>FUJI Wifiとは?初期費用・料金プラン・口コミや評判まとめ|元スマホ店員おすすめ

>>SAKURA WiFiとは?初期費用・料金プラン・口コミや評判まとめ|元WiMAX店員おすすめ

おすすめガジェットまとめ

>>CHUWIとは?話題の2in1タブレットPCを比較|中華ブランドの評価/評判まとめ!

>>3万円以下?Webライターにおすすめのノートパソコン(PC)5選