>>【2019年1月最新版】格安SIMキャンペーンまとめ!

元スマホ店員による
格安SIM・WiFi比較サイト

>>格安SIMランキング

ワイモバイル「Android One X5」はコスパいい?元スマホ店員がスペック・料金・評判を比較レビュー【LGエレクトロニクス】

recommend

ワイモバイル「Android One X5」とは?スペック・料金・評判を比較レビュー

ワイモバイル「Android One X5」とは?スペック・料金・評判を比較レビュー

元スマホ店員です。

2018年12月13日、ワイモバイルからAIカメラを搭載したハイエンドスマホ「Android One X5」が発売されました。

「Android One X5」は韓国の総合家電メーカー「LGエレクトロニクス」製です。

一括価格が8万円程度と、サブキャリアから販売されているスマホの中でも高価な部類です。

ただしCPUやスナドラ845を搭載し、分割で購入すれば割引も適用されます。

総合的に考えると、ギャラクシーやエクスペディアを購入するよりコスパのいいスマホと言えます。

このページでは「Android One X5」のスペックや評価、2年分割で購入したらどれくらい割引があるのかレビューしていきます。

 

 

関連記事:Y!mobileキャンペーン・キャッシュバックまとめ!元スマホ店員が評判・口コミをレビュー

Android One X5のスペック

ワイモバイル「Android One X5」とは?スペック・料金・評判を比較レビュー

 

まずはスペックからご紹介します。

サイズ 6.1インチ(約W72×H153×D7.9mm)
OSAndroid™ 9
CPU MSM8998(オクタコア)2.45GHz + 1.9GHz
ROM / RAM容量32GB / 4GB
最大通信速度下り最大400Mbps / 上り最大37.5Mbps
カメラ[メイン]約1,600万画素
[サブ]約800万画素
バッテリー3,000mAh
外部メモリmicroSDXC™ / 最大512GB対応
おサイフケータイ
防水 / 防塵IPX5・IPX8 / IP6X
連続通話時間[3G]約1200分
[FDD LTE]約1100分
[GSM]約950分
連続待受時間[3G]約410時間
[FDD LTE]約420時間
[AXGP]約410時間
[GSM]約420時間
充電時間約120分(USB Type-Cアダプタ)
対応周波数 [4G]700MHz・900MHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz
[3G]900MHz・2.1GHz
出典:https://www.ymobile.jp/lineup/androidone-x5/

 

CPUは「Snapdragon 835」を搭載。

「Snapdragon 835」は「Samsung Galaxy S8」や「SONY Xperia XZ Premium」といったハイエンドスマホに搭載されるCPUです。

非常に高性能なため、ストレスなくWeb閲覧を行いたい方や3Dゲームを楽しみたい方におすすめできるクラスと言えるでしょう。

次に、目玉機能をピックアップしていきます。

 

AIカメラを搭載!ポートレートモードでかんたんオシャレ写真

ワイモバイル「Android One X5」AIカメラを搭載

もはやハイエンドスマホの中では当たり前の機能といえる「AIカメラ」は、「Android One X5」にも搭載されています。

被写体、撮影環境に応じてAIが自動で最適な撮影シーンを選んでくれます。

選べるモードは「オート」「人物」「ペット」「食べ物」「街」「日出」「夕焼け」「風景」「花」の合計9つ。非常に多いです。

 

さらに、簡単に「ボケ」を作れる「ポートレートモード」も搭載しています。

最新のiphoneに搭載されている機能を、10万以下のスマホで利用できるのはありがたいですね。

AIカメラの自動モード選択と組み合わせれば、簡単にオシャレな写真を撮る事ができます。

 

Google Pixcelと同じ「Googleアシスタントボタン」を搭載

ワイモバイル「Android One X5」Googleアシスタントボタンを搭載

ユーザーが喋った内容に応じてAIが自動でWeb検索を行ってくれる「Googleアシスタント」

「Android One X5」では、ボタンを押すだけで「Googleアシスタント」が起動する「Googleアシスタントボタン」が本体側面に搭載されています。

 

さらにGoogleアシスタントボタンは、

  • 一回押すとGoogleアシスタントが起動
  • 二回連続で押すとGoogleレンズが起動

するようになっています。

Googleレンズとは、被写体にしたテキストの翻訳、植物、動物などの情報を瞬時に検索してくれるサービスです。

Googleレンズでは、自分が喋りかける必要がありません。

個人的にはGoogleアシスタントより使いやすいサービスだと思います。

 

高解像度ディスプレイで野外でも視認性がいい

ワイモバイル「Android One X5」高解像度ディスプレイ

「Android One X5」のディスプレイ解像度は「3,120×1,440」と非常に高解像度です。

さらにディスプレイの見やすさを大きく左右する「最大輝度」は約1,000nitとなっています。

これは有機ELを搭載した「Samsung Galaxy S8」と同じ数字です。

因みにiphone xの最大輝度は625nitsと、そこまで高くありません。

 

カラーは「ニューモロッカンブルー」「ミスティックホワイト」の2色

ワイモバイル「Android One X5」ニューモロッカンブルー、ミスティックホワイト

カラーは上品な色味の2色です。ボディがガラス素材のため、より高級感があります。

因みに指紋認証は背面にあります。

 

海外製にしては珍しくモバイルSuica・おサイフケータイに対応

リリース当初、モバイルSuicaに対応していなかったAndroid One X5ですが、現時点ではすでに対応済みです。

キャッシュレス派の方であればモバイルSuicaとおサイフケータイに対応しているのは非常にありがたいです。

 

防水・防塵・耐衝撃に対応

地味に嬉しい防水・防塵も搭載。

キッチンやアウトドアはもちろん、お風呂でゆっくりスマホを利用する事ができます。

 

Android One X5の料金

次に「Android One X5」の料金について紹介していきます。

ワイモバイルの月額料金は1年目は1,000円安い「ワンキュッパ割」が採用されています。

また、契約期間は3大キャリアと同じく2年間です。

 

Sプラン

ギガ数3GB(2年)
無料通話10分
月額料金1,980円(1年後は2,980円)
端末代1,944円/月
端末代を含めた月額料金(1年目)4,082円/月
端末代を含めた月額料金(1年後)5,082円/月

 

Mプラン

ギガ数9GB(2年)
無料通話10分
月額料金2,980円(1年後は3,980円)
端末代1,404円/月
端末代を含めた月額料金(1年目)4,622円/月
端末代を含めた月額料金(1年後)5,622円/月

 

Lプラン

ギガ数21GB(2年)
無料通話10分
月額料金4,980円(1年後は5,980円)
端末代1,404円/月
端末代を含めた月額料金(1年目)6,782円/月
端末代を含めた月額料金(1年後)7,782円/月

 

9ギガ使えるMプランでも月額5,000円前後です。

同じスペックのGalaxyやXperiaあたりだと確実に月額1万円は超えるでしょうから、約半額でハイエンドスマホを持つ事ができます。

 

Android One X5の評判・レビュー

デュアルカメラは暗所でも綺麗に撮影できる

 

モバイルSuicacにはすでに対応済み

Atutuスコア パート1。価格帯相応のスペック

 

Antutu パート2

 

ハイエンドスマホであるLG製スマホ、V30+とスペックが一緒

 

活用ガイドがついてくるので初めてのスマホでも安心

 

SIMロックがかかっているので注意が必要

 

まとめ

ワイモバイル「Android One X5」まとめ

「とてもコスパがいい!」とまでは言えませんが、ワイモバイルから販売されている事を考えると非常にいいスマホです。

というのも、同スペックのスマホとなると、GalaxyやXperiaあたりが比較対象となってきます。

これらのスマホは3大キャリアからしか契約できないため、月額料金が1万円くらいします。非常に高い。

 

ワイモバイルであれば、そもそもの月額料金が2,000円~3,000円程度です。

そのため「Android One X5」の機種代を含めても月額5,000円前後でおさまります。

「月額5,000円でGalaxyやXperiaに匹敵するスマホを持つ事ができる」

という意味では、非常にコスパがいいと思います。

 

AIカメラ機能は写真をよく撮る方ならありがたい機能ですし、ディスプレイの解像度も高いため、3Dゲームや動画鑑賞を行う端末としてうってつけです。

HUAWEIやOPPOのエントリー端末より一回り上のスペックのスマホを持ちたい方にとってはピッタリの端末でしょう。

 

 

ワイモバイルに乗り換えるならオンラインストアがおすすめ

ワイモバイルを契約するなら、契約手数料のかからない公式サイトから契約するほうが断然おすすめです。

公式サイトを利用する事で、3つのメリットがあります。

  • 契約手数料(3,240円)が無料
  • 店員に余計なオプションをつけられない
  • 24時間受付、待ち時間がない

ショップ契約だと必ずかかってしまう契約手数料が発生しない、余計なオプションを付けられない点は非常においしいです。

また、オンラインショップ限定のタイムセールも実施されます。

ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

格安SIMの乗り換え手順は難しい

【格安SIMの乗り換え手順】6ステップでOK!3分でわかる!元スマホ店員の私が超かみくだき解説
【3分でわかる】【元スマホ店員が解説】格安SIMは価格が安いですが、乗り換えを自分で行わなければいけません。このページでは、元スマホ店員の私が格安SIMへの乗り換え手順を超シンプルに解説します。

いざ「格安SIMに乗り換えたい!」と思っても手順がわからなくて挫折してませんか?

確かに1から10まですべてやろうとすると、乗り換えは難しいです。

ただし「必要最低限の手順で乗り換える」のであれば、そこまで難しくありません。

必要最低限とは「LINEアカウントの移行」「電話帳の移行」「電話番号の移行」この3つの事です。

おそらく多くの方が、この3つさえ以降出来れば問題ないのではないでしょうか。

このページでは、元スマホ店員の私が格安SIMの乗り換えに最低限必要な事を6ステップに分けて解説しています。

 

ワイモバイルの関連記事

ワイモバイル・ソフトバンクから「Android One S5」発売!どっちがおすすめ?スペック・評判・料金を元スマホ店員が比較レビュー
【読了3分】【元スマホ店員が解説】2018年12月に、ソフトバンクとワイモバイルから発売された「Android One S5」。契約するならワイモバイルが圧倒的におすすめです。このページではスペック・評判・料金を比較レビューします。

 

ワイモバイル「かんたんスマホ」シニア向け?割引は?元販売員がレビュー
【読了3分】ソフトバンク系の格安スマホのY!mobile(ワイモバイル)から、シニア向け「かんたんスマホ」がリリースされました。このページでは、かんたんスマホのシニア割引や使い方についてご紹介します。

 

【iphone7】ワイモバイルとUQモバイルどっちがおすすめ?元スマホ店員が料金・違いを比較
【読了3分】【元スマホ店員が解説】2018年12月20日、ワイモバイルとUQモバイルから、iphone7が発売されました。結論から言うとUQモバイルのほうがおすすめです。このページではUQモバイルとワイモバイルの違いを比較します。

 

Summary
Review Date
Reviewed Item
Android One X5
Author Rating
41star1star1star1stargray