recommend

Amazonで中古ノートパソコン購入。1万5千円でcore i5の良品が届いた件

極力パソコンにお金をかけたくないなら、ぜひ読み進めて欲しい。

 

私はあまりパソコンにお金をかけたくない。

勿論、ノートパソコン自体はデバイスとして非常に好きだ。このように物欲メディアとしてニュースサイトを運営するくらい好きだ。

 

ただ、ノートパソコンに10万…いや、5万円以上かけれるか?と問われれば、正直回答に苦しむだろう。

お金をかけるべき場所が他に沢山あるからだ。欲しい気持ちはあるが、購入には踏み切れない。

 

ただし当時は動画も作成していたので、なるべく安くてハイスペックなPCを購入する必要があった。そんな矛盾した条件の下でAmazonを漁っていたところ、見つけたのが今回紹介する中古ノートパソコンである。

 

すでに購入して一年以上経過している。また、現在はマウスコンピューターのm-bookをメインに利用しているので、このPCの出番はすっかり減ってしまった。

 

たまにひっぱり出すと、勢いよくファンは唸るが軽快に動作してくれる。今回はそんな中古ノートパソコンを紹介して行こうと思う。

recommend

マーケットプレイス出品者から中古ノートパソコンを購入

購入先は勿論Amazonなのだが、私は‘‘ノートパソコンの型番を選択できない出品者‘‘から購入した。

 

届くノートパソコンはcorei5でWindows10、サイズは15インチという点は共通なのだが、製品メーカーや色は選択できないようになっている。

型番を出品者に任せる分、より安価に販売できるという訳だ。

 

購入時に不安はあったが、corei5でWindows10という点は保証されていたので購入に踏み切れた。なにより価格が安い。

 

出品者も数多くおり、私はヤガミ電気というAmazonマーケットプレイスから購入した。

他の店舗からも出品はされていたが、ヤガミ電気の場合はプライム会員に対応しており、出品者の中でも価格が安い点に魅力を感じたのだ。

 

結果、初期不良もない良品が届いたので満足している。ヤガミ電気はレビューも上々な出品者なので、購入の際はぜひともおすすめしたい。

届いたのは「NEC VersaPro」というモデル

こちらが到着したモデル。NEC社のモデルで、恐らく法人用ノートパソコンだろう。色はシルバーでボディはプラスチック製。

 

武骨で飾り気のないデザインは、いかにも「業務用」な雰囲気を漂わせている。

 

大事に利用されていたのか、購入時は傷は非常に少なかった。後日私が荒く使ってしまい、目立つ傷がつくのだが・・・

NEC VersaProのスペック

OSWindows10 pro
CPUIntel Corei5 M560 2.67GHz
RAM4GB
ストレージ128GB HDD
解像度1366×768

ご覧の通り、中古とはいえ1万5千円で購入できるノートパソコンの中では破格のスペックなのではないだろうか。

 

ストレージは128GBと少々心もとないが、グーグルドライブ等のクラウドストレージを利用すれば問題ない。

 

このスペックならギリギリではあるが動画編集もする事ができた。流石に細かいカット等は行えないが、テロップの挿入や動画の書き出しも行えるのだ。

勿論、動画編集を行った場合、HDDへの負担がかなり大きくなる。寿命を削ってしまう事となるだろう。

かなりイカついが分解しやすい背面

裏面も非常に武骨。法人用で修理する事を前提に作られているのか、各パーツの取り外しはドライバーで行える。すぐに内部へアクセスする事ができるので、換装等のカスタムを楽しむ事も容易だ。

 

タグ部分をアップ。出荷年月が2011年。ちょうど7年前のパソコンだ。3年パーツ保証と書いてあるが、勿論期限は切れている。ちなみに中古で購入した際は、出品者から半年間の保証がついていた。

 

裏面のバッテリーはロックを外す事で着脱できる。

 

イヤホン・マイク端子、ボリューム調整は前面に

非常に厚みがあるのがお分かりいただけるだろうか。Macbookの2倍…いや、3倍程度の厚みはあるかもしれない。携帯性は皆無だ。

 

正面には左からマイク端子、イヤホン端子、ボリューム調整が付いている。PC画面から音量を調整する事も可能だが、このアナログティックな調整方法のほうが利便性がよかったりもする。

後面にはHDMI端子

 

大型のHDMI端子が挿入できる。個人の利用で活躍する出番はないだろう。

 

ここから端子を挿入し、デスクを這わせていたのだろう。背面のUSB端子も法人用っぽさがでている。

 

右面にDVDドライブやUSB端子、充電端子

左手にはDVDドライブ端子とUSB端子、ネットワーク接続用の端子、ACアダプターの挿入口がそれぞれある。DVDドライブを搭載したノートパソコン自体が最近少なくなっている為、ありがたい仕様だ。

左面にはUSB端子が3発。LANポート。コンパクトHDMI端子も搭載

左手にはHDMI端子、LANポート、マイクロHDMI端子、廃熱口、USBが二発とSDカードのポートがある。私はデュアルディスプレイで作業をしたりしないため、左脇の端子は一度も利用した事がない。

かなり太目のベゼル。液晶は非光沢を採用

ベゼルは異様に太く、美しさは皆無だ。ベゼル脇にはゴム足が無数についており、閉口時ディスプレイに傷がつかないよう配慮されている。

非常に打ちやすいキーボード。トラックパッドは利便性×

キーボードは、このノートパソコンのハード面で最大の魅力かもしれない。ThinkPadのような凹凸があり、非常にタイピングがしやすい。

打鍵時も安っぽさは感じられず、タイピング音も非常に静かだ。新品のノートパソコンでも7~8万クラスでなければ、このキーボードの安定感は生み出せないだろう。

因みにトラックパッドやクリック部は完全に使い物にならない。マウス操作が前提だ。

corei5、Windows10を搭載

Windows7搭載と書いてあるが、リユースの際に出品者がWindows10にアップデートを施している。

 

 

起動から待機画面に到達するまでの時間は約1分。中古PCにしては十分早いが、それでも購入当初は30秒程度で起動してくれていた。

一年間もの間、動画作成や書き出し等の作業をやってもらっていたので、HDDに限界がきているのかもしれない。地味にキングソフトも搭載してくれている点もありがたい。

Amazonの中古ノートパソコンでベンチマークテスト

ベンチマークテストをはじめて行ってみた。HDDなのでスコアはこんなものだろう。購入時はもっと高い数値を叩き出していたかもしれない。

因みにこの数値でも、ネットサーフィンやWPの編集。YouTubeの再生は何も問題なく行ってくれる。

まとめ

まだまだ動作は軽快だが、新しいモデルを購入した事により利用する頻度が減ってしまったこのノートパソコン。

 

現在利用しているm-bookが14インチで、据え置きノートパソコンとしてのポジションをすっかり奪ってしまったのだ。

 

ただし、キーボードは非常に打ちやすいし、m-book自体がエントリーモデルのため、このパソコンと比べても速度に変化は感じられない。

 

彼は現在も、静かにデスク脇に鎮座している。

私の家で肥やしていても宝の持ち腐れになってしまうので、SSDやUbuntsを導入する事も検討している。

 

 

元WiMAX店員おすすめのWiFi

FUJI Wifi


・ギガ放題プランで月額2980円

・解約金0円!

・自宅の工事不要 ・契約から2~3日でお届け

 

>>FUJI Wifiとは?初期費用・料金プラン・口コミや評判まとめ|元スマホ店員おすすめ

SAKURA Wifi


・データ無制限プランが3680円

・速度制限なし

・縛り期間なしで解約金0円

 

>>SAKURA WiFiとは?初期費用・料金プラン・口コミや評判まとめ|元WiMAX店員おすすめ

Summary
Review Date
Reviewed Item
1件のレビュー
Author Rating
41star1star1star1stargray